DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年04月04日

 

小型プロジェクター向け透過型スクリーンを開発

小売店の商品棚に用いることでアイキャッチ効果の高い販促ツールとして活用

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、小型プロジェクター向けの透過型スクリーンを開発しました。本スクリーンは、小売店の商品棚に内蔵したプロジェクターの映像を投影することで、価格表示に使用されるスペースを商品のプロモーションとして活用できます。DNPは、2016年4月より本スクリーンの販売を開始します。

 

【開発の背景】

現在、スーパーなど小売店の商品棚の価格表示には、液晶や電子ペーパーなどの電子棚札が多く利用されています。一方、小売店では、この電子棚札のスペースを活用し、商品の販促活動に利用したいというニーズがありますが、表示画面が小さく、白黒での表示しかできないため、値札としての利用に限定されていました。

この課題に対し、今回DNPは、プロジェクションスクリーンの設計及び、製造技術を活かし、短焦点で広い投影角を持つ小型プロジェクター向けの透過型スクリーンを開発しました。本スクリーンに小型プロジェクターから映像を投影することで、高画質な映像を鮮やかに歪みなく表示することができます。これにより、製品のプロモーションやアイキャッチ効果のある映像を映し出し、販促ツールとして利用できます。

【本スクリーンの特長】

・本スクリーンは、商品棚に内蔵した小型プロジェクターの映像を鮮やかに映し出します。

・本スクリーンは外光からの反射光を吸収するブラックストライプ付きのプリズムレンズとフレネルレンズで構成され、レンズ形状を最適化することで広い視野角を確保し、高いコントラストを実現しているため、斜め方向からでも文字や映像を鮮明に見ることができます。

・横1200mm×縦60mmサイズのスクリーンに、価格のほか、商品の特長などを紹介する動画を歪みなく表示することができます。用途に応じてサイズの変更もでき、また継ぎ目なく繋ぎ合わせる横長なスクリーンのため、生活者に対してアイキャッチ効果の高い映像を提供できます。

・従来の電子棚札は、商品毎に設置する必要があり、商品の入れ替えや価格を変更する場合は、各々の札の表示を変更する必要があります。本スクリーンでは、プロジェクターの映像を変更するだけで簡単に表示変更でき、従業員の仕事の効率が上がります。

・販売に先行し、本スクリーンは米国小売店大手のKroger社が展開する電子棚札用スクリーンに採用されました。

【今後の展開について】

今後DNPは、本スクリーンや映像コンテンツなどの関連製品を、小売店のほか商品棚メーカーなどに販売し、2020年度に50億円の売上を目指します。

なおDNPは当製品を、4月6日(水)〜8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第7回高機能フィルム展」のDNPブースに出展します。

*DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を事 業の成長領域と位置づけ、新しい価値の創出に取り組んでいます。その一環として、各種機能を持つフィルムを活用した新製品の開発を進めています。
 ※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ