DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年07月11日

 

情報技術

有機ELディスプレーを活用した業務用デジタルサイネージの販売を開始

― LGエレクトロニクス社と共同で大型曲面デジタルサイネージを五反田のショールームに国内初導入 ―

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、有機ELディスプレーを活用した業務用のデジタルサイネージを10月に発売します。この製品は、高いコントラストで美しい映像表現を実現するとともに、曲面でもフィットする大型有機ELディスプレーを使用しています。

今回、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(本社:東京 社長:李 仁奎(イ・インギュ) 資本金:13.8億円 以下:LGエレクトロニクス・ジャパン)と共同で、曲面の55インチ有機ELディスプレーを24(4×6)面並べて設置した大型デジタルサイネージを、日本で初めてDNP五反田ビル(東京品川区)のショールームに導入します。DNPは、この有機ELの大型デジタルサイネージの提供に加え、そこで放映する4K以上の解像度にも対応した高精細な映像コンテンツの制作、映像配信システムの提供など、トータルなサービスを提供します。

DNP五反田ビルに設置される「DNPマルチサイネージ トールビジョン 有機EL曲面タイプ」。
ディスプレー自体を曲面に仕上げ、迫力のある空間演出と豊かなコミュニケーションが可能になった。

 【導入の背景】

屋外や店頭、公共空間や交通機関などの多様な場所に設置できるデジタルサイネージは、企業のブランディングや販売促進、広告や空間演出、災害・緊急時の情報提供などの目的で、企業や地域社会と人をつなぐコミュニケーションメディアとして急速に普及しています。DNPは、デジタルサイネージ関連事業として、コンサルティング、機器の提供、設置・施工、コンテンツ制作、配信・運用、保守まで、トータルに支援するサービスを展開しています。今回、LGエレクトロニクス・ジャパンの有機ELディスプレーの強みを活かした曲面の大型デジタルサイネージを発売することで、当事業のサービスを拡充し、より豊かなコミュニケーションを可能にします。

本製品を導入するDNP五反田ビルでは、DNPが培ってきた撮影技術・編集技術を活かし、曲面の有機ELディスプレー用に新たに編集した高解像度の映像コンテンツを放映、大型曲面ディスプレーの臨場感や没入感を体感できます。

*注:ビル内の商談用のスペースに設置するため、ご来場は制限させていただいています。

 

【「DNPマルチサイネージ トールビジョン 有機EL曲面タイプ」の特長】

1.  日本初、有機ELの特長を生かした「曲面」の大型デジタルサイネージ

LGエレクトロニクス・ジャパン社の55インチの大型有機ELディスプレーを曲面で活用することで、今までにない意匠性を実現し、アイキャッチ効果を演出できるとともに、デジタルサイネージを見る人の臨場感や没入感を向上させます。DNP五反田ビルには、曲面にフィットする55インチのディスプレー24面を組み合わせた大型デジタルサイネージとして、日本で初めて導入しました。

2.  有機ELならではの高いコントラストと「黒」の表現力

自発光の有機ELディスプレーならではの深い「黒」を表示できるため、映像を高いコントラストで表現することが可能です。

3.  ディスプレーの形状を生かし、空間演出を豊かにするオリジナルコンテンツの提供

五反田ビルに設置した本製品では以下のオリジナルコンテンツを放映します。

    1.「京都・文化遺産アーカイブプロジェクト」の4K特別映像*1及び8K映像を新たに編集した 『京 春夏秋冬』

              

    2.フランス国立図書館(BnF)が所蔵する歴史的な価値を持つ地球儀・天球儀の3Dデジタルアーカイブデータ*2から制作した超高解像度映像

             

DNPが保有するこれらのコンテンツに加え、顧客の要望に対応したオリジナル映像も制作します。

*1 DNPと毎日放送が「明日の京都・文化遺産プラットフォーム」と連携し、京都の世界文化遺産「古都京都の文化財」(17社寺・城)や国宝・重要文化財を中心に、特別な許可を得て撮影・収録した超高精細なアーカイブ映像。
*2 BnFの地図部門が所蔵する特に貴重な55点の地球儀・天球儀を、DNPが独自に開発した撮影技術で撮影し、3Dデジタルデータ化。一点一点をあらゆる角度にスムーズに回転させたり、拡大させたりすることで、実物を肉眼で見た時には識別しにくい細かい部分まで、高解像度で鑑賞できる。

【五反田に展示する製品仕様】

パネル方式

有機EL(OLED)

画面サイズ

約225型(55型×24面)

解像度

横7680×縦6480(1面 横1920×縦1080)

アスペクト比

外郭基準32:27(1面 16 : 9)

映像表示領域寸法(W×H×D)

4920×4231×25mm(1面 1230×705×25mm)

映像表示領域面積

約20.8平方メートル

【今後の展開について】

DNPは2016年10月を目処に、「DNPマルチサイネージ トールビジョン 有機EL曲面タイプ」を製品化し、大型商業施設やショールーム、公共交通機関、オフィスビルやマンションのエントランスなど、日本市場向けに販売を開始します。

また、DNPは、有機ELディスプレーの薄型・軽量・高画質・曲面対応という特長を活かし、設置場所やデザインに制限されない、液晶では実現出来なかった利用シーンでのデジタルサイネージの導入運用を、活用提案からスペースデザイン、設置・施工、システム設計、コンテンツ制作、配信・運用、効果測定までトータルで提供します。あわせて、有機ELディスプレーに適した高解像度・高品質な映像コンテンツの制作、販売をしていきます。本製品とコンテンツ、関連サービスで2019年度までに20億円の売上を目指します。

※DNPは、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を事業の成長領域と位置づけ、新しい価値の創出に取り組んでいます。生活者の価値観が多様化するなかで、デジタルサイネージをはじめとするコミュニケーションメディアによる生活者の利便性向上を図るとともに、暮らしのさまざまなシーンでの快適なコミュニケーションを実現するサービスや企業の業績拡大に貢献するソリューションを提供していきます。
 ※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 

 
 
 

ページトップ