DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年08月08日

 

「DNP家計簿アプリ レシーピ!(R)」で購買履歴からおすすめ商品を提案

提案した商品のレシートの撮影でポイントがもらえる“レシートリワードサービス”を開始

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、「DNP家計簿アプリ レシーピ!®」をインストールしたスマートフォンで、おすすめされた商品の購入レシートを撮影すると、リワード(報酬・ご褒美)として、dポイントや楽天Edyなどのポイント還元を受けることができる“レシートリワードサービス”を、8月5日から開始しました。

【取り組みの背景】

経済産業省や流通小売業を中心に、生活者の買い物情報を電子データとして蓄積できる電子レシートの検討が進められています。こうした動きに対してDNPは、スマートフォンでレシートを撮影するだけで簡単に家計簿が付けられるレシーピ!を活用して、電子レシートシステムとの連携※1や、店舗や宅配でのお買い物を家計簿に自動的に記録する仕組み※2など、購買情報を活用して生活者が簡単に家計簿を付けられるサービスを提供しています。

今回新たに、レシーピを利用している生活者の購買履歴を分析して、その人が興味を持ちそうなおすすめ商品を提案するとともに、おすすめした商品購入のリワード(報酬・ご褒美)としてポイント還元が受けられる“レシートリワードサービス”を開始します。

【レシートリワードサービスの概要】

○サービスの利用方法

1)レシーピ!の「ポイント」のメニューボタンからバナーに従ってクリックすると、ポイント還元の対象商品が表示されます。ユーザーのレシートの購買履歴に応じて、掲載される対象商品が変わります。また、レシーピ!利用中にも、購買履歴に応じたおすすめ商品とリワードの提案が届きます。

 

 

・対象商品は、サービス期間中、随時追加していく予定です。
・対象商品によって、対象期間や還元されるポイント数などの条件が異なります。

2)対象商品を購入し、レシーピ!のレシートリワードサービス画面で、そのレシートを撮影します。

3)撮影したレシートで対象商品の購入が確認されると、ポイント還元を受けることができます。

なお、ポイント還元にはレシートリワードサービス内でdポイントまたは楽天Edyのアカウントとの連携が必要です。

 

○レシートリワードサービスの特長

本サービスは、レシーピ!に登録されたレシート情報を元に、ユーザーの購買傾向や志向にあったお得なおすすめ商品を提案します。たとえば、外食が多いユーザーに対して野菜ジュースのリワードを提案することで、気づきを与えると同時にお得なお買い物を促します。

一方、メーカー企業にとっては、自社製品や競合製品、関連する製品を購入する生活者への直接販促ができるため、商品の認知度向上や購買促進、新規顧客獲得へつなげることができます。さらに、レシートや購買履歴から、販促の効果測定や購入に至ったユーザーの購買傾向分析を行うことも可能です。

【サービスの狙いと今後の展開】

DNPは、本サービスの検証を通じて、レシーピ!を活用したリワード提供による販促活用の効果測定を行い、2016年度中の本格サービスの開始を目指します。また、レシートリワードサービスを始めとする、生活者の購買動向に合わせた“お買い物レコメンド情報”の提供により、商品やサービスを提供する企業と生活者の有益なコミュニケーションを支援していきます。

※1 DNPニュースリリース:http://www.dnp.co.jp/news/10095556_2482.html
※2 DNPニュースリリース:http://www.dnp.co.jp/news/10124673_2482.html
※「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
※DNPは、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を事業の成長領域と位置づけ、新しい価値の創出に取り組んでいます。生活者の価値観が多様化するなかで、生活者の利便性向上とともに、暮らしのさまざまなシーンでの快適なコミュニケーションを実現するサービスや企業の業績拡大に貢献するソリューションを提供していきます。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。 
 

 

 
 
 

ページトップ