DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年11月08日

 

「DNPデジタルペン帳票ツール for Microsoft EXCEL」を発売

EXCELへの対応によって帳票作成やデータ集計を効率化

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、デジタルペンを使用した帳票データ作成システムに、マイクロソフトの表計算ソフト「Excel(エクセル)」対応機能を追加した「DNPデジタルペン帳票ツール for Microsoft EXCEL®」を2016年11月に発売します。

本システムは、Excelで作成した帳票にデジタルペンで手書きした文字が自動的にデータ化されるもので、今回の販売に先駆け、大手自動車メーカーの工場の業務効率化の一環として導入されました。

【開発の背景】

デジタルペンは、ペンの先端に超小型カメラが付いており、専用紙に手書きしたペンの軌跡を画像データとしてパソコンに転送し、その画像データをテキスト変換してデジタルデータ化するシステムです。そのデジタルペンを使用して、帳票に書いた手書きの文字が自動的にテキストデータに変換される帳票データ作成システムは、業務効率化のツールとして、金融や流通、サービス業界などで採用され、申込みやアンケート業務等でも活用されています。

これまでの帳票データ作成システムで得られたデジタルデータを表計算ソフトなどで利用するには、専門スキルが必要だったり、コストや時間がかかったりしており、もっと手軽に活用したいというニーズがありました。この課題に対しDNPは、多くの生活者が利用している表計算ソフトであるマイクロソフトのExcelに対応させ、手軽に帳票の作成やデータの取り込みができるようにしました。

 

【「DNPデジタルペン帳票ツールfor Microsoft EXCEL」の特長】

・本製品はEXCELに対応したことで、申込書インプットや、アンケート集計、名簿作成などの業務効率化を実現します。特別なスキルを必要とせず、Excel上で簡単に帳票のデザイン・作成から用紙のプリント、記入データ取込みまでの操作で行えるため、データベースやサーバなどの専用のシステムや専門スキルは不要です。

・Excelで作成した既存の帳票を流用できます。

 ・市販のプリンター*でデジタルペンに 対応した記入用の帳票を印刷できるため、特別な設備投資が不要で、必要な時に必要な枚数が作成できます。

・デジタルペンで記入した手書きデータがテキスト化されEXCELに取り込まれます。

【システム構成と価格】

・システム構成 : デジタルペン、ソフトウェアインストールライセンス証書、記入用の帳票等に使用するドットパターンライセンスファイル

・価格:オープン価格

【今後の展開】

DNPは、金融や流通、サービス業界などに向けて本製品を販売し、2018年度に10億円の売上を目指します。

 

*製品ウェブサイトはこちら
http://www.dnp.co.jp/infosol/solution/detail/10114122_18793.html
*お持ちのカラーレーザープリンターの使用可否については、下記URLの「Anoto qualified & tested printers一覧」を参照の上、ご確認ください。
https://cloud.anoto.com/dl/dpYuzEi6Zy
Anoto Qualified Printer : アノト社が定めた印刷適合規格(ドットパターンの印刷品質や精度など)を満たしていることをアノト社から認定されたプリンター
Anoto Tested Printer   : 印刷適合規格よりも簡易化した試験をアノト、アノトパートナーあるいはプリンターメーカーが行い、アノトパターン印刷が基本的に実現できると確認されたプリンター(印刷適合規格は必ずしも満たしていない場合もあります)

 

 
 
 

ページトップ