DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年11月18日

 

オリジナル書体『秀英体』で活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、オリジナル書体「秀英体」で活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発しました。第1弾として「秀英にじみ明朝 L」を、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京 社長:阿多親市 資本金:664百万円 以下:SBT)のWebフォントサービス「FONTPLUS」で、11月18日に発売します。

【開発の背景】

DNPは、前身である秀英舎の時代にオリジナル書体「秀英体」を開発し、100年以上にわたり、時代の変遷にともない開発を続けています。近年、デジタルメディアが進展するなか、出版や広告の分野では、古びた和紙や木目のテクスチャー(質感)、手書き文字などを活かし、あえてアナログな風合いを加えて温もりや手触り感を表現することが増えています。また、印刷用の版の凹凸の凸部分にインクをつけ、紙に転写する活版印刷の表現も再び注目されています。

そのなかでDNPは、コミュニケーションにおける付加価値の提供と文字の表現力の向上を目的として、活版印刷の風合いを再現したデジタルフォント「にじみフォント」の開発に着手しました。「にじみフォント」は、DNPの1876年の創業当初から2003年まで続いた活版印刷で使用された「秀英体」が、印刷された紙面上にどのように表現されているかを細かく分析し、長年培ってきた書体制作技術と画像処理技術を活かして開発したものです。

【「秀英にじみ明朝」の特長】

●“文字のにじみ”を分析し専用プログラムで書体を開発

印刷時の圧力(印圧)によってにじむインクの風合いを再現するため、活版印刷物の印影を分析しました。活版で印刷された文字は、インクが活字に付着していくことで、徐々に“ハライ”の先端や“ウロコ”の角が丸くなったり太くなったりする傾向があります。また、線がランダムに揺らいだり太くなったり、交差する部分が丸くなったり、近接する部分がつながったりすることもありました。これらの分析結果を「にじみ効果」として付与する専用プログラムを開発し、秀英体フォントデータにこのプログラムで画像処理を行い、「秀英にじみ明朝」フォントを作成しました。

●アナログ感やレトロ感を強める「にじみ」の段階を調整

 

プログラムの設定によって、「にじみ」の“太らせ量”や“ゆらぎ量”などの強弱を段階的にシミュレーションし、書籍の本文やポスターの見出しといった利用シーンで、程良くにじむように調整しました。

また、スマートフォンやタブレット端末などのデジタル機器に表示した際も、従来より太く柔らかい印象を与え、ちらつきを抑えることで、眼にやさしく読みやすいフォントに仕上げました。

 

                                          

  【仕様と販売方法】

今回、第1弾として、「秀英にじみ明朝L(文字セット:Adobe-Japan1-3)」を開発し、SBTのWebフォントサービス「FONTPLUS」にライセンス提供しました。11月18日より、「FONTPLUS」の利用者は、「秀英にじみ明朝L」の使用が可能となり、Webサイトの表現力を高めることができます。例えば、工芸品やハンドメイド商品のWeb広告などで、日本の伝統や美、レトロ感などを演出するのに最適です。

※Webフォントサービス「FONTPLUS」 : 生活者が閲覧するWebサイトの画面に、インターネットを介して適宜フォントを配信するサービスです。生活者の端末にフォントがインストールされていなくても、Webサイト制作者が指定したフォントをブラウザで表示できます。Webサイトのコンテンツをテキストデータとして扱うため、検索対象になるほか、文字の拡大・縮小や音声読み上げ機能にも対応し、生活者のアクセシビリティの向上にも有効です。
また、国内外の豊富なフォントを提供しており、DNPも2015年から秀英明朝、角ゴシック、丸ゴシックをライセンス提供しています。今回の「秀英にじみ明朝L」の追加によって、秀英体の選択肢が21書体に広がりました。
詳細についてはこちらをご覧ください。→ https://webfont.fontplus.jp/

 

【今後について】

今後もDNPは、秀英体「にじみ」フォントシリーズの開発を進め、「にじみゴシック」「にじみアンチック」などのラインナップを追加する予定です。また書籍、雑誌のほか、商業印刷物や広告・POP、電子書籍やフォトブックなど、秀英体の利用範囲をさらに広げるため、多様な分野へのライセンス提供を推進します。秀英体「にじみ」フォントの利用費とコンテンツの企画・制作費などを合わせ、2020年度までに3億円の売上を目指します。

 

※秀英体 : DNPが明治時代から開発を続けているオリジナルの書体で、優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われるなど、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも高い評価を得ています。DNPは、2006年の創業130周年の記念事業の一環として、秀英体のリニューアル事業「平成の大改刻」に取り組み、デジタルフォントである秀英細・中・太明朝の改訂、金属活字時代の秀英初号明朝のデジタル化、新書体である角ゴシックや丸ゴシックの開発などを行ってきました。その成果である最新の書体は、より多くの方が利用できるよう、2009年からDTP環境のほか、電子書籍ビューアーやワープロソフト等にライセンス提供しています。詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.dnp.co.jp/shueitai/
 
※大日本印刷株式会社        本社:東京  社長:北島義俊  資本金:1,144億円
ソフトバンク・テクノロジー株式会社  本社:東京  社長:阿多親市  資本金:664百万円
※「秀英」及び「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 

 

 
 
 

ページトップ