ニュースリリース

アプリの不正改ざん防止するソフトウエア「CrackProof」が車のサイバー攻撃対策として自動車業界で初採用

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、アプリケーション(アプリ)などの不正な解析や改ざんを防止するクラッキング対策ソフトウエア「CrackProof(クラックプルーフ)」を提供しており、今回自動車業界で初めて採用されました。

「CrackProof」は、DNPの100%子会社、株式会社DNPハイパーテックが開発したクラッキング対策ソフトウエアで、今回、自動車用の各種アプリの改ざん防止を目的として採用されました。

【採用の背景】

近年、自動車メーカーは、遠隔でのドアの開閉やエアコンの電源操作などに加え、自動運転や運転補助に向けた高度なナビゲーション機能の開発など、車載システムのデジタル化やIoT(モノのインターネット)化を進めています。すでに自動車のリモートコントロール機能を持ったスマートフォン用アプリや、インターネットに接続可能な車載情報端末向けアプリなどが登場しているほか、2020年までに約2億5,000万台の自動車に通信機能が搭載される予測もあり*、今後の増加が見込まれています。

一方、自動車がインターネットにつながることによって、悪意を持った第三者によるアプリを介した車載システムへの侵入や改ざんなど、不正な遠隔操作が行われるリスクが高まっており、自動車向けアプリに対する速やかなサイバー攻撃対策は不可欠となっています。

DNPは創業以来、企業や生活者の情報を厳重に管理して適正に扱うなかで、情報セキュリティ関連の技術・ノウハウを蓄積してきました。1980年代にはICカードの開発に着手し、ソフトウエアの開発やICカードの製造・発行を推進し、国内トップシェアを獲得しています。また、DNP柏データセンターおよび全国5ヶ所のBPOセンターを運営するなど、情報セキュリティを事業のひとつの柱にしています。

DNPはこれまで、アプリの改ざんを防止するソフトウエア「CrackProof」をゲーム業界、金融業界や家電業界に多数提供してきましたが、2016年には自動車業界に向けて本ソフトウエアの販売を開始し、今回、自動車業界で初めて採用されました。

*ガートナー社予測

【不正改ざん防止クラッキング対策ソフトウエア「CrackProof」の特長】

  • 車載システムのアプリなどがクラッキングされて、遠隔操作でドアの解錠や走行データの抜き取りなどの不正が行われる危険性に対して、「CrackProof」でアプリを堅牢化することにより、被害を未然に防ぐことができます。
  • 「CrackProof」はクラウド型サービスとして提供しているため、開発が完了したアプリを専用サーバーにアップロードするだけで、簡単に堅牢化処理が行えます。
  • セキュリティを意識した開発が不要で、堅牢化後も従来通りに操作が行えます。
  • 自動車の制御系、情報系、コクピット系、リモート系のアプリや各種プログラムの改ざん防止に効果があり、様々なOS(Android、iOS、Windows、Linuxなど)に対応しています。

【価格】

1アプリにつき年間使用料200万円〜

【今後の展開】

DNPは自動車業界に向けて、「CrackProof」を含めたセキュリティ対策製品・サービスを提供し、自動車メーカー各社の車載通信機器での導入などを進め、2020年度までの5年間で50億円の売上を目指します。

なおDNPは、2017年1月18日(水)〜20日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第9回 オートモーティブ ワールド」内の「第5回 コネクティッド・カー EXPO」のDNPブースに本アプリを出展します。「コネクティッド・カー EXPO」は、次世代自動車技術の代名詞とも言える「自動運転/コネクティッド・カー」に特化した展示会です。その中枢技術であるセンサ、レーダー、半導体、マッピング、セキュリティ、IoTソリューションなどが一堂に会する予定で、DNPブースでは、「CrackProof」ほか、複数のモバイル機器同士の同時接続を低価格で実現するソフトウエアVPN「DNP Multi-Peer VPN」などを紹介します。

※製品URL    http://www.dnp.co.jp/works/detail/10114214_18925.html

 
※CrackProofは、株式会社DNPハイパーテックの商標です。
※Androidは、Google Inc.の登録商標です。
※iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※Windowsは、米国 Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※Linux(R)は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。