ニュースリリース

2017年03月17日

 

情報技術

大日本印刷、JTBコーポレートセールスと連携しVRによるインバウンド向け多言語観光案内実施

箱根と湯河原地区の観光名所を体験できるVRコンテンツを制作・発信

 

大日本印刷株式会社(以下「DNP」という)は、株式会社JTBコーポレートセールスと連携し、訪日外国人を主な対象として、神奈川県の箱根および湯河原地区の代表的な観光名所をVR(Virtual Reality:仮想現実)コンテンツを6言語で紹介する「VR HAKONE/YUGAWARA Campaign」を実施します。VRコンテンツを閲覧するための紙製スマートフォンホルダーを東京と神奈川の観光案内所などで3月31日まで配布します。

【「VR HAKONE/YUGAWARA Campaign」実施の背景】

訪日外国人の増加に伴い、滞在中の利便性の向上とともに、日本各地の魅力を効果的に伝え、地域創生にもつながる観光施策が求められています。地域の魅力をアピールするに当たり、実際にその場に行ったかのように疑似体験できるパノラマ画像などのVRコンテンツは、臨場感が溢れるものとして効果が期待されています。今回、旅行商品の企画を通じて地域への誘客を推進する株式会社JTBコーポレートセールスと、VRコンテンツや各種販促物を企画制作するDNPが協力し、主に首都圏に滞在している訪日外国人に、近郊の観光地への訪問を促すキャンペーンを実施します。
なお本キャンペーンは、DNPが株式会社JTBコーポレートセールス等と参画している経済産業省「おもてなしプラットフォーム」*1のローカルプラットフォーム関東実証と連携しています。


DNPが提供する高精細パノラマ画像の例:箱根神社「平和の鳥居」

【「VR HAKONE/YUGAWARA Campaign」の概要と特長】

○期間 : 2017年3月1日(水)〜31日(金) ※東京シティアイは3月17日(金)より不定期で配布
○対象 : 訪日外国人
○料金 : 無料(アプリの登録が必要)
○紙製スマートフォンホルダー配布場所 : 東京シティアイ(所在地:東京都千代田区丸の内二丁目7番2号KITTE地下1階 東京駅前地下広場から直結)、箱根強羅観光協会(所在地神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-185)、湯河原総合情報センター(所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮下661 湯河原町駅前観光案内所内)、湯河原町役場(所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町中央二丁目2番地1)、湯河原温泉観光会館(所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566)
○対応言語 : 日本語、英語、中国語(?体字、簡体字)、韓国語、タイ語
○特徴 : 配布する紙製スマートフォンホルダーを使って、手持ちのスマートフォンでウェブサイトのVRコンテンツを再生すると、頭の動きに合わせて画像が連動し、あたかも実際にその場所に立ったような感覚で風景を見廻すことができます。


1.箱根・湯河原地区の名所を美しい画像でVR体験
DNPの企画・演出ノウハウや色調補正技術などによって制作した精細なパノラマ風景のVRコンテンツを閲覧できます。スマートフォンの小さい画面でも、地域の観光スポットの魅力が伝わるように、実際の風景を細部まで再現したコンテンツです。箱根エリアの箱根湯本、大涌谷、彫刻の森美術館、箱根関所、箱根神社、湯河原エリアの福浦港、万葉公園、不動滝、町立湯河原美術館、ゆ宿藤田屋の10カ所、計20のVRコンテンツを作成し、配信します。

 

高精細パノラマ画像例:箱根大涌谷(上左)、湯河原「ゆ宿 藤田屋」(上右)、紙製スマートフォンホルダー(下)。



2.コンテンツの解説は、6言語で制作
コンテンツの解説は、英語・中国語など6言語で制作しています。


※おもてなしプラットフォームのアプリ「miQip」*2をダウンロードいただくと登録した“自分の使用言語”で自動的に表示することができます。

3.千代紙をモチーフにした紙製スマートフォンホルダー
自分のスマートフォンを差し込んでVRコンテンツを再生、鑑賞できる紙製のホルダーを複数の拠点で配布します。覗いている頭の動きに合わせて画像が動くため、実際にその場所に立っているかのような感覚で風景を見廻すことができます。千代紙をモチーフにした“和”テイストのデザインで、日本のお土産としても適しています。


【今後について】

DNPは、IoT技術を活用したインバウンド施策として、安全・安心な情報のやり取りを通じて便利なサービスを受けられる「おもてなしプラットフォーム」を活用して、訪日外国人の利便性を高め、観光による地方創生を推進していきます。


*1 「おもてなしプラットフォーム」 ニュースリリース :
(経済産業省が2016年10月から実施している訪日外国人向けのサービスおよび情報連携プラットフォームにDNPのVRMシステムを活用)  http://www.dnp.co.jp/news/10127737_2482.html
*2 「miQip」アプリ : 訪日外国人が、事前に自分の情報を登録すると1つのIDで、連携している地域のさまざまなサービスを利用できるようにするためのアプリ。 http://miqip-info.jp/jp/app/

大日本印刷株式会社     本社:東京都新宿区   社長:北島義俊 資本金:1,144億円