ニュースリリース

日本のアニメ文化を発信する拠点として東京アニメセンターを東京・市ヶ谷のDNPプラザにオープン

10月28日、新しい鑑賞技術やアニメ原画を活用した展示・物販、関連イベントを開始

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、一般社団法人日本動画協会(The Association of Japanese Animations、以下:AJA)が2017年7月まで東京・秋葉原UDXで運営していた東京アニメセンター©を、東京・市ヶ谷のDNPプラザに移転し、2017年10月28日にリニューアルオープンします。
今後は、DNPが開発するVR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)といった新しい鑑賞技術や、アニメの原画を活用した展示・物販、ワークショップや各種関連イベントの開催など、日本のアニメ文化を発信していく計画です。

【「東京アニメセンター in DNPプラザ」の開設の背景と概要】

国内のアニメ産業の市場規模は6年連続で拡大し、2015年には1兆8,255億円となり*1、“クールジャパン”として海外からも大きな注目を集めています。市場が拡大する一方で、アニメクリエイターの人材不足や、アニメの魅力を発信していく“場”の不足といった課題もありました。

AJAは2002年の設立以来、国内アニメ業界を代表する団体として、日本のアニメ産業全体の振興発展を目指しています。2006年には日本のアニメ文化の情報発信やクリエイターの育成を目的に秋葉原UDXに「東京アニメセンター」を開設し、近年では国内外から年間約20万人の来場者を集めています(秋葉原:2017年7月19日閉館)。

DNPは、印刷技術と情報技術を活用した多様なコミュニケーション手法を開発しており、“クールジャパン”につながる日本のコンテンツを各種印刷物やデジタルメディアなどに展開して、出版社などのコンテンツホルダーとともに、国内外に発信する事業を推進してきました。その活動の一環として今回、国内外で知名度が高く来場者の実績も高い「東京アニメセンター」を自社の施設である「DNPプラザ」(東京・市ヶ谷)に誘致し、AJAの協力を得て、生活者にとって価値の高いコンテンツの開発や企画展示、ワークショップ、セミナーなどを開催していきます。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピックを見据え、「東京アニメセンター」の運営で培ったノウハウを日本国内各地域や海外にも展開していきます。

*1 出典 : 日本動画協会 「アニメ産業レポート2016」

【「東京アニメセンター in DNPプラザ」のサービスについて】

〜アニメーションやマンガの魅力が体験できる場〜
〜そして、クリエイターやファンなどがコミュニケーションできる場〜

クリエイター・制作会社・業界団体・ファンの皆様が、それぞれの視点でアニメ・マンガ・ゲームなどのコンテンツを知り、学び、体験できるとともに、情報発信や双方向のコミュニケーションができる“リアルな場”として、多様なサービスを提供していきます。

現在予定している具体的な活動は以下のとおりです。
1. アニメ制作会社と連携した原画の展示および作品の紹介展示(企画展示)
2. VRやAR、インタラクション技術を活用した新しいコンテンツの展示
3. クリエイターによるワークショップやセミナーの開催
4. アニメ作品グッズの販売  など


所在地    : 東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビルDNPプラザB1F
開館時間 : 11:00 – 20:00
休館日    : 火曜日、年末年始、施工等臨時休館
面積        : 460m2
DNPプラザ: http://plaza.dnp
東京アニメセンター: http://www.animecenter.jp/


※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※東京アニメセンターは日本動画協会の登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。