DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2018年01月25日

 

“読んでわかる”から“見てわかる”へ インフォグラフィックス(IG)とユニバーサルデザイン(UD)を融合したデザインメソッドを開発

内容が一目でわかるデザインの工夫で、多様性を持った多くの人にもやさしい表現

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、情報やデータをイラストや図表で視覚的にわかりやすく表現するインフォグラフィックス(infographics、以下:IG)と、多様な人々にとっての使いやすさを重視したユニバーサルデザイン(以下:UD)を組み合わせたデザイン手法(メソッド)「DNPデジタルマーケティング時代のデザインメソッドIGUD」(以下:IGUD)を構築しました。
このデザインメソッド「IGUD」を活用して、わかりやすさを追求したグラフィック表現を提供するデザインコンサルティングサービスを2018年1月25日より提供します。

「IGUD」は、DNPの100%子会社の株式会社DNPコミュニケーションデザインが情報コミュニケーション関連の事業で2001年より培ってきたUDのノウハウと、IGの日本での第一人者であるTUBE GRAPHICSの木村博之氏の知見・ノウハウを融合したものです。「IGUD」は、紙とデジタルなどさまざまなメディアに対応したクロスメディア展開にも適応する新しいデザインメソッドです。 

【開発の背景】

スマートフォン等の情報機器やSNS等のコミュニケーションサービスの普及に伴い、企業や生活者は、文字だけでなく静止画や音声・動画を利用して、多くの情報を多様な機器を通じて受発信しています。そのような情報について、送り手が伝えたいことを最適な表現で際立たせながら、受け手にとってわかりやすく受け取れるよう、工夫して伝達する技術が、ますます重要となってきています。
多様性を持った多くの人々に、できるだけわかりやすく情報を伝達する手法として「UD」がありますが、これまでは文字のサイズやフォント(書体)、色などを工夫する手法がメインでした。そのため“読んでわかる”ための表現技術は改善されたものの、多くの情報を盛り込み過ぎて「本当に伝えたい情報」がうまく伝わらないというケースもありました。
DNPは今回、「UD」の手法に、生活者に伝えたい情報の「本質」を抽出し、イラストや図表を利用して視覚的にわかりやすく表現する「IG思考」を加えることにより、直感的にわかりやすく、あらゆるメディアでのコミュニケーションにも適応できるデザインメソッドとしてIGUDを構築しました。
「直感的な理解」を促すIGUDの表現は、紙・デジタル・動画などメディアの形態を問わず、多様性を持った人々に、わかりやすくスピーディに情報を伝達することができます。

【「IGUD」 の概要】

IGの最大の特徴「直感的理解(感性)」とUDの基本的な特徴「視覚的配慮(理性)」を融合し、新たに①「Simple(簡潔な情報)」、②「Clear(明確な表現)」、③「Attractive(魅力的なデザイン)」、④「Lead(スムーズな誘導)」、⑤「Experience(直感的な体験)」の5つを「IGUDスケール(5原則)」として設定しました。
この基準に照らした「わかりやすいデザイン」に基づく以下の4つのサービスを提供します。

1. デザインコンサルティング
DNPが設定したIGUDスケール(5原則)に基づく
評価指標に沿ったデザインの評価分析
価格300,000円〜
(ヒューリスティック(経験則に基づく)評価・視線計測評価 等)
2. コンセプトデザイン(プロトタイピング)
上記コンサルティングで抽出した課題に基づく、
改善・新規デザイン(コンセプトデザイン)の立案
価格300,000円〜
(UDコーディネーターによる改善立案)
3. クロスメディア展開
コンセプトデザインを軸とした円滑・迅速な
コミュニケーションを実現する自動化クロスメディア展開
価格1,000,000円〜
(ペーパー・デジタル・映像の各専任ディレクターによるコーディネート)
4. ガイドライン策定
各企業の使用状況に合わせたデザイン指標「クリエイティブ・
コミュニケーションガイドライン」の作成
価格5,000,000円〜
(企業ブランドやトーン&マナーに配慮して個別に作成)

IGUDによるデザイン改善例
現状はUDに配慮しながらも「読んでわかる」を意識した編集デザインとなっている。IGUDの観点から、改善ステップを軸としたデザイン構成にし、各ステップでのソリューションをすぐ「見てわかる」ように改善。よりスピーディな情報伝達が可能となっている。

【今後の展開について】

IGUD をさらに研究・進化させていくために、IGUD を推進するデザイナー、研究機関、民間企業と共同で、コンソーシアムの設立を予定しています。また、優れた成果物や取り組みに対し、表彰制度の設立も併せて行い、社会へのさらなる普及を目指します。
DNPは、今後も進化・多様化・拡大していく幅広いメディアにおいて、今回開発したIGUDメソッドを活用した表現サービスを提供することで、2020年までに関連売上10億円を目指します。

 
*記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
株式会社DNPコミュニケーションデザイン  本社:東京 社長:川口 寛 資本金:1億円
 
 
 

ページトップ