DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2018年05月30日

 

患者の服薬状況を可視化する「Your Manager(パッケージタイプ)」が東京女子医科大学循環器内科の臨床研究で初採用!

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)が開発した、患者の服薬状況を可視化して、医療従事者が診断や処方、患者への指導に活かせる「DNPモニタリングシステム Your Manager(パッケージタイプ)」が大学の臨床研究に初めて採用されました。
今回、東京女子医科大学循環器内科(代表研究者:志賀剛)が実施する臨床研究で服薬時刻のエビデンス(証拠)取得ツールとして、「Your Manager(パッケージタイプ)」が活用されます。

【大学の臨床研究への導入の背景】

「DNPモニタリングシステム Your Manager(パッケージタイプ)」は、電子モジュールを内蔵した薬のパッケージ、その記録を読み取るNFCカードリーダー、専用の管理ソフトで構成されています。薬の錠剤が入ったパッケージ台紙に電子モジュールが内蔵されており、患者が薬を取り出した時刻が記録されます。その記録をリーダーで読み取ることで、専用の管理ソフトを介して患者一人ひとりの服薬情報を可視化して閲覧することができます。パッケージ台紙内の錠剤を取り出すだけで情報が記録されるため、スマートフォンなどの電子機器の操作が苦手な高齢者も容易に使用できます。服薬状況を時系列で定量的に把握することにより、医療従事者は適切な指導・治療につなげていくことができます。
DNPはこれまで、この「Your Manager」をさまざまな実証実験などの確認用ツールとして提供してきました。2015年12月、高齢者の在宅での生活の状況を把握するため、横浜薬科大学との共同実証実験で本システムが使用された*1ほか、2016年12月に、神奈川県の大和市文化創造拠点シリウスにある健康都市図書館で開催された健康意識改善セミナー*2や、2017年1月には、在宅医療を受けている患者の服薬状況を確認する実証試験で本システムが使用されています*3
このような実績が認められ、今回、実際の患者を対象とする大学の臨床研究で、「Your Manager(パッケージタイプ)」が服薬時刻のエビデンス(証拠)取得ツールとして採用されました。

Your Managerの詳細はこちらをご覧ください。http://www.dnp.co.jp/works/detail/10144864_18925.html

【東京女子医科大学の臨床研究の概要】

抗凝固薬を服薬する患者約400名に対し、服薬回数の違いや、服薬指導を行う前後で、患者の服薬アドヒアランス*4状況に関して、研究を実施します。

症例患者数

服薬回数1回/日の患者、服薬回数2回/日の患者、計400名

実施期間と回数

3ヶ月×2回(前半3ヶ月は通常処方・後半3ヶ月は服薬指導を行い処方)

 


【価格(税抜き)】

電子モジュール内蔵パッケージ台紙 : ロット5,000枚の場合1枚あたり3000円
(初期導入費用、専用管理ソフト開発費用、カードリーダーなどが別途必要となります。)

【今後の展開】

DNPは、「DNPモニタリングシステム Your Manager」を高齢者見守りサービスを行う企業や製薬メーカーの治験や服薬管理、調剤薬局での服薬指導や健康指導などの用途で販売し、2023年までに年間10億円の売上を目指します。

 
*1 ニュースリリースURL http://www.dnp.co.jp/news/10123721_2482.html
*2 ニュースリリースURL http://www.dnp.co.jp/news/10129803_2482.html
*3 ニュースリリースURL http://www.dnp.co.jp/news/10130783_2482.html
*4 患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って自ら行動すること。

※ Your Managerは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ