DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2018年06月04日

 

山形銀行のウェブサイトを活用したリアルタイムマーケティングを実現

ティーリアム社リアルタイムデータ統合ソリューションの導入支援

 

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、Tealium Japan株式会社(ティーリアムジャパン)が提供するリアルタイムデータ統合ソリューション「Tealium Universal Data Hub」(以下:Tealium UDH)の導入・活用を支援するサービスを6月4日に開始しました。
第一弾として、山形銀行での導入を支援し、同行のウェブサイトで顧客のニーズをリアルタイムに取得・解析し、一人ひとりに合ったメッセージや通知の出し分けを最適なタイミングで行うことで、生活者に寄り添った最適なユーザコミュニケーションを実現します。

【サービス開始の背景】

生活者のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングのなかで、顧客が求めている情報を適切なタイミングで発信するリアルタイムマーケティングが注目されています。しかし、顧客のニーズに最適なタイミングで対応していくには、企業と顧客の接点(タッチポイント)で取得したデータをリアルタイムに統合する仕組みと、データから顧客の行動履歴やニーズを解析して適切な情報を提供するためのマーケティングノウハウが必要となります。
DNPは、デジタルマーケティングを活用した施策立案から、DMの発送やメールの配信といった具体的な施策の実行まで、さまざまな企業のマーケティング活動の支援を総合的に行っています。その中でTealium UDHは、リアルタイムマーケティングを実現するための有効なツールであることから、DNPはTealium Japanとパートナーシップを組んでいます。
今回、山形銀行が地域に根付いた銀行として、顧客とのさまざまなタッチポイントにおいて満足度の高い顧客体験を提供するために、Tealium UDHの導入を支援しました。

【サービスの内容】

・ Tealium UDHは、顧客とのタッチポイントごとに分断されているデータを、即時に統合して管理するリアルタイムデータ統合ソリューションです。即時にWebサイトなどのタッチポイントと連携し、顧客の嗜好に合わせたメッセージや通知の出し分けを最適なタイミングで行うことができます。また、無駄な広告を停止するなど、顧客にとってストレスのない最適な施策をタイミング良く提供でき、予算の最適化や費用対効果の向上を実現できます。
・ DNPはTealium Japanとのパートナーシップの中で、さまざまな企業のマーケティング支援を強化しており、今回、山形銀行のリアルタイムマーケティング施策の実現にあたって、Tealium UDHの導入を支援しました。
・ 山形銀行は、Tealium UDHの導入により、同社のWebサイトに訪れた顧客の情報をリアルタイムに取得して、最適なタイミングで、ニーズを踏まえた施策を実現し、1人ひとりの顧客に寄り添ったカスタマーエクスペリエンスを提供します。

【今後の展開について】

DNPは、山形銀行のTealium UDHの導入から施策の実施、運用までマーケティング活用のPDCA(Plan-Do-Check-Action)といった、デジタルトランスフォーメーションを総合的に支援していきます。
また、他の金融機関などに向けてのTealium UDH導入支援も実施し、関連事業を含めて2020年に2億円の売上を目指します。

大日本印刷株式会社     本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
Tealium Japan株式会社  米本社:サンディエゴ、日本本社:東京
                                  代表取締役:Andy Clark カントリーマネジャー :安藤嘉教
山形銀行                     本社:山形 頭取:長谷川 吉茂
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ