DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2006年10月25日

 

大日本印刷株式会社
ルーヴル美術館

アート・イベント

『ルーヴル-DNP ミュージアムラボ』

ICタグと連動した音声ガイダンスと映像システムによる美術作品鑑賞の体験スペースを開設

 

大日本印刷(以下 :DNP)とルーヴル美術館(以下 :ルーヴル)は 、共同プロジェクトとして進めている『ルーヴル-DNP ミュージアムラボ』の取り組みを体験できるスペースを東京都品川区のDNP五反田ビルに開設します。
この共同プロジェクトは、3年間にわたりルーヴルの所蔵作品を年2回入れ替えて展示するとともに、DNPの情報加工技術や最先端の映像技術を用いて、関連した情報を提供する、これまでにない美術鑑賞のあり方を探る取り組みです。第1回目は、本年10月30日〜2007年3月10日の5ヶ月間にわたって、ジェリコー作≪銃騎兵(Un Carabinier)≫を中心とした展示になります。今回、観覧者の使用する言語に合わせた音声ストリーミング※1によるガイダンスシステムや、観覧時間に応じて作品や作家に関する映像コンテンツを配信するシステムを活用しています。
観覧者が事前に登録した希望の観覧方法を読み出すためのUHF(極超短波)帯ICタグ※2を内蔵したチケットとPDAを配布し、これらのシステムと連動させることで、観覧者は自分の希望にあった、展示作品や作家に関する情報を入手することができます。今回開発した各種コンテンツにおける学術的な部分は、主任学芸員シルバン・ラヴェシエールを中心に、ルーヴル美術館絵画部門の監修もと、推敲を重ねて作り上げられたものです。

※1 音声ストリーミングとは、インターネットを通じて音声データの配信・再生を行うもので、音声ファイルをダウンロードしながら再生する方法。
※2 ICタグとは情報を記録した1ミリ角以下の微小なICチップとアンテナで構成される電子荷札(タグ)。

テオドール・ジェリコー (1791-1824)
≪銃騎兵≫
油彩・カンヴァス 101×85cm
パリ、ルーヴル美術館蔵
© Photo DNP

「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」 展示室
© Photo DNP

【体験スペースの概要】
体験スペースは、以下の3つのスペースで構成されています。

  1. 展示室
    展示作品≪銃騎兵≫を鑑賞するとともに、設置されたタッチセンサー付透明スクリーンに観覧者が触れることで、作品に関する基本的な情報を提供します。
  2. 情報スペース「ホワイエ」
    展示作品や作家に関する幅広く、より専門的な情報を、映像を交えて大型ディスプレイ上で観覧できます。観覧者は、より詳しい美術作品に関する4つのテーマの映像コンテンツ「作品と作者について」「作家ジェリコーについて」「銃騎兵の肖像画について」「絵画の多彩な見方」の全部または一部を希望時間に応じて観覧できます。
  3. シアター
    180インチの超高彩細表示システムが設置されており、ルーヴル美術館が所蔵する他の美術作品や、今回の展示作品、作家ジェリコーに関する高精細な映像コンテンツを観覧することができます。
※ 超高精細表示システムは、世界で初めて、フルハイビジョン放送の4倍を超える(4096×2160)画素の通称4Kプロジェクターで、非圧縮コンテンツデータの静止画表示の実用化に成功したものです。

「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」 ホワイエ
© Photo DNP

「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」 ホワイエ
© Photo DNP

【鑑賞システムの概要】

  • 観覧者が事前に登録した希望言語(日本語・フランス語・英語)、希望観覧時間(15分・30分・1時間)、観覧方法(映像システムの双方向操作有り・無し)を読み出すためのICタグチケットと、音声ストリーミングを受信するPDAを配布します。
  • 選択した希望観覧時間や観覧方法にあわせて、5パターンの観覧ルートをPDAに提示します。
  • 観覧者が、展示室や情報スペースの映像システムに設置しているICタグリーダーにICタグチケットをかざすと、希望した観覧方法に合わせて、タッチパネルでの双方向操作、または自動的な再生による映像コンテンツが表示されます。
  • ICタグを映像システムにかざした観覧者と、同じ音声配信エリア内にいる観覧者には、表示している映像コンテンツに連動した音声ガイダンスを、各人が希望した言語で自動的に聞くことができます。

【講演会・シンポジウムなどの取り組み】
共同プロジェクトの一環として、講演会、ルーヴル美術館との学術的なシンポジウム、展示作品や西洋美術についての連続講座、テレビ会議システムを利用したルーヴル美術館の学芸員によるライヴ講演会など、芸術全般への関心を高める展示作品に関連した多様なイベントの開催も予定しています。

【フロア図】

【体験スペースの見学について】

第一回展示テーマテオドール・ジェリコー作≪銃騎兵≫
会期2006年10月30日〜2007年3月10日
観覧時間月・火・木 17 :00〜19 :00
水・金 17 :00〜20 :30
土 11 :00〜17 :30
休館日日曜・祝日・年末年始
入場料金無料(但し、シンポジウム、講演会、講座は有料とします)
入場方法予約制 予約はルーヴル-DNP ミュージアムラボのウェブサイト
http://museumlab.jp
または電話(03-5435-0880:受付時間AM9 :00〜PM6 :00)にて受け付けます。

予約人数

月・火・木17 :00〜19 :00各日50名
水・金(1) 17:00〜19 :00
(2) 18 :30〜20 :30
各50名、計100名
(1) 11 :00〜13 :00
(2) 12 :30〜14 :30
(3) 14 :00〜16 :00
(4) 15 :30〜17 :30
各50名、計200名

なお、ルーヴル-DNPミュージアムラボのウェブサイトはルーヴル美術館のウェブサイト(louvre.fr)から入ることもできます。

【次回の展示について】
2007年4月から開催する第2回では、古代ギリシアのテラコッタ製の彩色人形「タナグラ人形」をテーマにした展示を予定しています。


※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ