DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2008年12月16日

 

ブログなどのクチコミ情報を”見える化”する 『未来見(TM)』 に新機能

生活者の行動を分析するサービスをコミュニティ型Webサイト、ブログパーツ用に販売開始

 

クチコミ“見える化”コンテンツ
『未来見/サキミ』サービス紹介はこちら!

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、ブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などのクチコミ情報をもとに、話題になっているキーワードなどを視認性の高い方法で“見える化”するサービス『未来見(サキミ)TM』に、生活者の行動を分析する機能を追加しました。コミュニティ型Webサイト、ブログパーツ、デジタルサイネージでの利用に向けて、12月16日より、販売を開始します。  

【サービスのねらい】

DNPは、2008年7月よりブログやSNS、掲示板などで話題となっているキーワードを、グラフやランキングなどの視覚的にわかりやすい方法で表示するサービス『未来見(サキミ)TM』を提供しています。これまで、このサービスでは「名詞」を基点として重要語・重要文などを抽出していましたが、今回、“買う”、“行く”、“食べる”などの「動詞」も対象とすることで、「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰が(Who)」「何を(What)」おこなったかという分析も可能となり、より詳しい生活者の行動分析ができるようになります。

DNPは、コミュニティ型Webサイトの運営会社、ブログサイトに表示するブログパーツ(※1)、デジタル機器を利用した店頭電子広告(デジタルサイネージ)を展開する企業などに、本システムを提供していきます。導入企業は、このシステムを通じて生活者の行動を分析し、分析結果をマーケティングに活用して、広告効果や集客効果を高めていくことができます。  

【行動分析機能の概要】

DNP独自の言語処理技術を用いて、ブログやSNS、掲示板などのテキスト情報の中から特定の動詞を抽出し、文章の表記方法などを考慮して重み付けを行ったうえで、その動詞に関連して「いつ」「どこで」「誰が」「何を」おこなったかという情報を分析します。そして、分析結果をタグクラウド(※2)形式やグラフなど視認性の高い方法で表示します。

例えば、“買う”という行動に着目して分析した場合、「何を」買ったのか(例:ブーツを買った、スニーカーを買った)、「どこで」買ったのか(例:○○百貨店で買った、渋谷で買った)などの情報を表示することができます。さらに、「何を」にかかる修飾表現を抽出することも可能で、何色のどんな素材のものを買った人が多いのか、といった情報も表示できます。このように、行動を基点として商品や場所などを分かり易く“見える化”することで、生活者の嗜好をより詳しく把握することが可能となります。  


[ コミュニティ型Webサイト ]
話題になっている情報を可視化する。 


[ デジタルサイネージ ]
双方向で詳細な情報を表示する。  

【利用形態】

  1. コミュニティ型Webサイトでの利用
    会員やWebサイト訪問者の書き込みをもとに、“何を買ったのか”、“どこに行ったのか”、“何を食べたのか”、“何が欲しいのか”といった話題になっている情報を、タグクラウド形式やグラフなどでWebサイト内に表示します。表示されているキーワードをクリックすると、そのキーワードを使っている具体的な情報にアクセスできるため、Webサイトの活性化のほか、利便性の高い検索機能としても利用できます。

  2. ブログパーツでの利用
    ブログサイトに貼り付けてサイトの機能性やデザイン性を高めるブログパーツを、商品のプロモーションやブランディングを目的として配布する企業が増えています。行動分析機能を利用すると、貼り付け先の個人のブログサイトのブログ記事をもとにその個人の行動パターンを分析してブログパーツに表示することができます。導入企業はさらに、分析結果に合わせた商品紹介やコンテンツを配信することができます。

  3. デジタルサイネージでの利用
    店頭に配置したディスプレイなどに広告を表示するデジタルサイネージに対し、Webサイトやアンケートなどのクチコミ情報をもとに「どういう場合に何を買ったのか」といった情報を表示することで、生活者は店頭にて商品購入の参考情報として利用できます。タッチパネル式ディスプレイで気になるキーワードを選択することで、双方向でより詳しい情報の閲覧も可能です。

【価格と売上見込み】

参考価格として、Webサイトあるいはブログパーツの場合200万円から、デジタルサイネージの場合500万円からとなります。利用する規模や要件に応じて価格が変わりますので、案件ごとの見積もりとなります。

DNPは、『未来見(サキミ)TM』に関連したWebマーケティング活動の支援などにより、2010年までに100社からの受注、10億円の売上を見込んでいます。  

【今後の取り組み】

DNPは今後、行動分析機能の精度を高めアンケート調査向けにサービスを開始する予定です。また、“ある特定の場所に行く人はどういう物を買うのか“といった、より複雑な分析にも対応できるよう、機能を拡充していく予定です。  

 

(※1)ブログパーツ
ブログページの一部として簡単に追加することができるWeb上のソフトウェア。時計、ゲーム、占いなど、さまざまなコンテンツが提供されている。  
(※2)タグクラウド
「タグの雲」の意。さまざまなタグを雲が浮かぶように表示する方法のこと。  
  
※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。  

 

 
 
 

ページトップ