DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2009年11月11日

 

非接触ICカードを利用したスタンプラリーシステムを開発

リーダーライター一体型スタンプで履歴データを記録し、抽選システムなどに利用

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、非接触ICカードを利用したスタンプラリーシステム『PiPitSTAMP(ピピットスタンプ)』を開発し、11月11日より、販売を開始します。

【PiPitSTAMPの概要】

テーマパーク、イベント会場の回遊や観光地の周遊、店舗への再来店などの促進を目的として、従来のスタンプ帳に非接触ICカードの機能を組み合わせたスタンプラリーシステムを開発しました。スタンプを押すと同時に、スタンプ内のICカードリーダーライターが、スタンプ帳に挿入された非接触ICカードのID情報を読み出して、押印日時、場所等を履歴データとしてカード内ないしICカードリーダーライターに記録します。ID情報は、非接触ICカードの固体番号を利用するため、既存の会員証などの非接触ICカードを流用することも可能です。(※)

本システムは、スタンプを押す楽しさを保持しながら、履歴データを活用して、スタンプ帳をかざすだけで、プレゼント抽選への応募、スタンプを押した経路の表示といった利便性を生活者に提供するとともに、スタンプを押す際、読み取り音や光を出す、モニターを接続して映像を表示するといった機能を提供します。さらに、企業は履歴データをマーケティング情報として活用することができます。

(※) 利用できる非接触ICカードは、FeliCa®とMIFARE®です。

【PiPitSTAMPの構成】

システムは、ICカードリーダーライター一体型スタンプと、ICカードを挿入したスタンプ帳で構成されます。PiPitSTAMP専用の非接触ICカードを使用する場合は、カード内に保存する履歴データを参照することで、抽選などのサービスを提供することができます。会員カードなど、既存のカードを利用する場合は、履歴データを各スタンプ内に蓄積し、スタンプを回収することでデータを集約します。

【導入企業のメリット】

  • 従来にないスタンプラリーとして生活者に新たな楽しみを提供することで、キャンペーンやイベントを活性化し、来場促進につなげます。
  • 履歴データで生活者の動線を把握し、マーケティング分析に利用することができます。
  • 履歴データで生活者の来場状況を把握し、来場頻度に応じた特典を提供することで、回遊や、再来場を促進します。
  • 専用の非接触ICカードを発行する場合、会員カードとしての継続利用により、スタンプラリー参加者の新規会員としての囲い込みが可能です。
  • 既存の非接触ICカードを利用できるので、会員に向けた新たなサービス展開として、手軽に採用できます。

【想定する利用例】

ショッピングモール、テーマパーク、ショールーム、交通機関、旅行会社をはじめ、イベント・キャンペーンでの活用など、広く提供していきます。

【価格と今後の取り組み】

ICカードリーダーライター一体型スタンプの貸し出しを含む、PiPitSTAMPの利用料金は、8台のスタンプを1ヶ月利用する場合、300万円(税抜き)からです。スタンプ帳の製造、非接触ICカードの発行等の料金は別途見積もりとなります。

今後、ICカードリーダーライター一体型スタンプをネットワーク対応のPCに接続して、履歴データをリアルタイムで集計するネットワーク型のサービスを開発し、2010年春に開始する予定です。

DNPは、PiPitSTAMPと、非接触ICカード、スタンプ帳などの関連制作物により、2011年度までに20億円の売上を見込んでいます。

 

※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
※Mifareは、NXPセミコンダクターズの登録商標です。
 
※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ