DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2009年11月16日

 

セキュリティ

国内初 複数のICカードベンダーの相互利用を可能にJIS X6320-15に準拠したICカードとPKIドライバをセットで発売

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、異なるカードベンダーが提供するICカードとPKI(※1)でも、相互利用が可能なPKIアプリケーション規格「JIS X6320-15」に準拠したICカードとPKIドライバの販売を本年12月より開始します。

今回提供するPKIドライバは、Windows対応のCSP(※2)ドライバとPKCS#11(※3)ドライバ、およびLinux対応のPKCS#11ドライバの3種類で、保険医療分野などの大規模なインフラを構築するシステムインテグレータ向けに拡販していきます。

【背景】

近年、企業や各団体では、情報セキュリティのさらなる強化を図るべく、ネットワーク上の認証方法として広く利用されているID、パスワード方式だけでなく、より堅牢なセキュリティ性能を持つ電子署名・認証が行えるPKI(Public Key Infrastructure:公開鍵認証基盤)方式の利用が進められています。2001年4月に電子署名法(電子署名及び認証業務に関する法律)が施行されたものの、従来のPKIの仕組みは、各ベンダーがICカードとPKIドライバの組合せで独自に設計しています。このため、他社との互換性がなく、PKIの普及促進を阻む要因のひとつとなっていました。

保健医療分野のために構築された公開鍵認証基盤のHPKI(Healthcare PKI)(*4)などの大規模案件では、複数のカードベンダーからの調達が必要となることから、今後ICカードとPKIドライバの相互利用規格であるJIS X6320-15への準拠が求められています。このような状況から、今回DNPは、本規格に準拠したICカードとPKIドライバを開発しました。

【特長】

■JIS X6320-15に対応した国内初のICカード及びPKIドライバ

  • ICカードアプリケーションの規格であるJIS X6320-15は、ICカード内の電子証明書や秘密鍵の格納データ形式と演算処理を定めています。DNPは、国内で初めて当規格に対応したICカードとPKIドライバをセットで開発しました。これにより、本規格に準拠したICカードおよびPKIドライバであれば、他ベンダー製であっても、相互に利用することができます(*5)。
  • 3種類のPKIドライバには、電子証明書などの読み出し機能に加え、書き込み機能と削除機能を標準搭載しているため、ICカードの即時発行や再発行などが可能です。

■ハイレベルな個人情報管理が求められる大規模案件や複数拠点の連携用途に最適

  • 個人情報に関して高度な秘匿性が求められると同時に、複数種類のカードを数多く使用する大規模な案件や、複数の拠点で展開する案件などに適しています。

【価格】

カード枚数が100,000枚の場合、PKIドライバを含めてICカードは1枚あたり1,450円(税抜き)。

(但し、発行費用等は別途)

【今後の展開】

今後DNPは、個人情報漏洩対策を強化する企業や医療機関、各自治体などに向けて販売し、2012年度までに1億円の売上を目指しています。

【参考】

DNPのセキュリティソリューションのご紹介

(http://www.dnp.co.jp/bf/ss/)

本リリース商材の詳細な情報

(http://www.dnp.co.jp/CGI/bf/ss/products/viewer.cgi?mode=detail&current_seq=21)

 

(※1)
PKI(公開鍵暗号基盤;Public Key Infrastructure)とは、公開鍵暗号方式を用いて暗号化、デジタル署名、認証などを行うセキュリティインフラ。信頼できる認証局が電子証明書を発行して公開鍵の名義人を証明する。
(※2)
CSPドライバは、Microsoft社が定めた暗号ライブラリの規格である『CryptoAPI』に準拠しており、WebブラウザのInternet ExplorerやメーラーのOutlook ExpressやWindowsメールがこれをサポートしています。
(※3)
PKCS#11ドライバは、RSA Security社が定めた暗号トークンインターフェイス規格に準拠しており、WebブラウザのFirefoxやメーラーのThunderbirdがこれをサポートしています。
(※4)
HPKI(Health PKI)とは、保健医療分野のために構築された公開鍵認証基盤のこと。医療従事者の資格等の属性を証明する機能を有しています。
(※5)
状況により、事前の確認が必要です。
 
※ Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※ LINUXは、Linus Torvalds米国およびその他の国における登録商標です。
※ その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
 
※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ