DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2009年11月17日

 

情報技術

生活者の価値観と購買行動を低価格・短納期で提供するペルソナ・マーケティングサービスを開始

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、生活者の価値観・ライフスタイルのデータベースを活用し、企業のターゲットとなる典型的な顧客像“ペルソナ”と、その購買に関連する行動パターンを低価格・短納期で提供するマーケティングサービスを11月17日より販売を開始します。

【背景】

生活者の価値観やライフスタイルの多様化にともない、企業がマーケティングの対象である顧客像を具体的に捉えることが難しくなっています。こうした中、従来、マーケティングデータとして利用していた性別・年齢・居住地域などの基本属性や購買履歴といった情報に、価値観や考え方、ライフスタイルといった人格に関わる要素を加味して、企業のターゲットとなる典型的な顧客像“ペルソナ”を作り上げ、その顧客の視点に立ってマーケティング施策を検討するペルソナ・マーケティングが注目されています。この手法は、欧米で先行して1990年代より利用が始まり、国内でもメーカー、金融機関などさまざまな業界で導入事例が出てきています。しかし、ペルソナ・マーケティングの導入には、価値観やライフスタイルに関わる詳細なアンケート調査が必要なため、それに伴う時間と費用が課題となり、国内の導入は一部の企業にとどまっていました。

今回DNPは、詳細なアンケート調査によって集めた、1万人の生活者の価値観やライフスタイル、購買行動などの情報をデータベース化するとともに、ペルソナ作成と購買行動分析のための理論構成を確立しました。これにより、短納期・低価格のペルソナ・マーケティングサービスが可能となりました。

【サービスの概要】

DNPの子会社で、インターネット無料ポイントサービスを提供するマイポイント・ドット・コム株式会社(本社:東京 社長:久保田哲 資本金:1千万円)を通じて収集した、1万人分の約1100項目のアンケート結果をデータベース化した「消費者価値観データベース」を作成しました。その中から、「・・のパソコンを持っている人」「・・の金融商品を購入したことがある人」など、企業のターゲットに基づいて絞込みを行ったうえで、独自の理論構成による分析を行い、1種ないし複数種の“ペルソナ”を作成し、その価値観・ライフスタイルと購買行動をわかりやすく提示します。

データベースにない情報が必要な場合は、オプションで追加調査やインタビュー調査を行い、予算・期間に応じて段階的なサービス提供が可能です。

分析結果として、以下の3点を企業へ提供します。

 

[ 1 ] プロファイルシート

“ペルソナ”の年齢、居住地等の基本情報に加えて、性格、価値観、情報収集の仕方、商品の利用目的や購入のきっかけ、購入場所などを、架空の名前や顔写真とともに具体的に表したものです。

[ 2 ] 購買行動シート

プロファイルシートで描き出した“ペルソナ”が、商品を購入したい気持ちが生まれた段階から欲求の認識、情報収集、購入、消費に到る行動を、心理的な分析や情報を得た媒体、場所とともに表示します。

[ 3 ] 分析データ

プロファイルシート、購買行動シート作成の基礎とした分析結果の明細データです。

 
 サービスの流れ
分析結果: プロファイルシート
 
分析結果: 購買行動シート

【サービスの特長】

  • 具体的な顧客像を認識することで、ターゲットとなる顧客起点のマーケティング施策の検討が可能となります。
  • 新商品の開発やキャンペーンなど、複数の部署が集まってプロジェクトを進行する場合、関係するスタッフが同一の顧客像を共有することで、プロジェクトを効率的に進めることができます。
  • データベースの利用により、短納期・低価格でサービスを提供します。
  • 消費者の価値観、購買行動のモデル化理論として評価の高い研究成果を採用し、経験則だけに頼らない理論構成を構築しました。

【価格および今後の取り組み】

基本サービス料: 1セット50万円(税抜き)〜

DNPは今後、本サービスを、新商品・新サービスの開発、顧客との接点の開発、店舗開発、IRなどに向けて、企業のマーケティング施策の企画からキャンペーンの運営・評価まで、トータルに支援するソリューションの一環として提供していきます。

本サービスに関連して、2009年11月より1年間で10億円の売り上げを見込んでいます。

 

※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ