DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2010年07月16日

 

国民読書年に向けたプロジェクト「本棚と私たち」を始動

著名人の本棚や新しい読書体験の展示スペースと読書コミュニティサイトを同時オープン

 

 読書コミュニティサイト「本棚と私たち」はこちらをご覧ください。


大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、2010年の国民読書年に向けた文化活動の一環として、本棚をテーマとした新しい読書体験を生活者に提供するプロジェクト「本棚と私たち」をスタートします。当プロジェクトでは、7月17日に、アートスペース「3331 Arts Chiyoda」内に「読書コミュニティスペース」を開設するとともに、株式会社編集工学研究所と連携し、ウェブサイト「本棚と私たち」を開設します。

近年、生活者の活字離れが問題となっており、書籍や雑誌の販売額も1996年をピークに年々減少しています。そこで、2008年6月の国会決議により2010年を「国民読書年」と定め、学校や家庭だけでなく、地域全体で読書を推奨する取り組みが進められています。DNPは国民読書年に当たり、生活者が本に親しむきっかけを提供する当プロジェクトを立ち上げました。

【プロジェクト「本棚と私たち」の取り組み】

・  3331 Arts Chiyoda内に「読書コミュニティスペース」をオープン

今回開設する読書コミュニティスペースでは、佐野元春氏、日比野克彦氏、武田双雲氏などの著名人や、さまざまな分野の専門家が選んだ本を陳列した本棚「私が見たいあの人の本棚」、「アーツ千代田3331で見る現代アート・写真・デザイン・webを知る200冊」などの企画を展示します。「親がつくる子どものための本棚」のような家族向けの展示もあり、子どもから大人まで、また普段は本をあまり読まない生活者から本好きの方まで、幅広く楽しめる展示となっています。また、新しい読者を惹きつける新たな出版メディアとして期待されている電子書籍を、実際に専用端末などを使って閲覧できるコーナーも設けており、紙の書籍と電子書籍を両方楽しめる、ハイブリットな読書環境を体験できます。

会場

3331 Arts Chiyoda 1階 読書コミュニティスペース

東京都千代田区外神田6丁目11-14

開催期間

2010年7月17日(土)〜10月31日(日) 

(日〜木)12:00〜19:00 (金・土)12:00〜20:00

定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜が休み)

・  読書コミュニティサイト「本棚と私たち」を開設

当ウェブサイトでは、3331 Arts Chiyodaの「私が見たいあの人の本棚」の紹介のほか、松岡正剛氏が所長を務める株式会社編集工学研究所と連携し、本棚をテーマとしたコミュニティ作りの場を提供します。ここでは、生活者がウェブサイト上で好きな本を選んでオリジナルのバーチャル本棚を作り、公開することができます。また生活者同士が参加できる「テーマ本棚」のコーナーを設け、本棚を話題として生活者同士が意見交換できる場を提供します。

URL  www.dnp.co.jp/hondana/

【今後の展開】

プロジェクト「本棚と私たち」は、年内を期限として活動を行います。読書コミュニティスペースでは、本棚を作った著名人のトークイベントのほか、ウェブサイト「本棚と私たち」で作られたバーチャル本棚を実際の本棚にして紹介することも予定しています。また、全国各地の書店でも本棚をテーマとしたイベントを随時開催するほか、今秋からは、書店や図書館が少ない地域での読書に関連する活動を展開していく予定です。

DNPは、「創発的な知のインフラ創り」を目指し、読書の啓発・普及を継続的に推進していくことで、読書環境の活性化に貢献していきます。

 

※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ