DNP Solutions Seminar DNP

会場はこちら
■期日 2015年6月2日(火)13:30〜17:55(13:10受付開始)
■会場 DNP五反田ビル1階ホール/〒141-8001 東京都品川区西五反田3−5−20 《参加費無料》
ごあいさつ

近年、特定の企業や組織に向けた「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃が増えています。
攻撃対象のセキュリティの脆弱性を突き、知的財産等の重要情報や金銭を不正に奪うだけでなく、
業務システムなどの破壊を狙うケースも出てきています。
本セミナーでは、こうした標的型攻撃の最新動向と、PC、サーバー、POSといった
エンドポイントを守る新しいセキュリティソリューションをご紹介します。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

大日本印刷株式会社 

■タイムスケジュール
  出力用には こちら をご利用ください。
13:10 受付開始
13:30 イントロダクション

大日本印刷株式会社 情報ソリューション事業部 副事業部長  沼野 芳樹
13:40

14:25

〔45分〕
【基調講演】 我が国のサイバーセキュリティ戦略

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC) 副センター長 内閣審議官  谷脇 康彦 様

 1984年、郵政省(現総務省)入省。郵政大臣秘書官、在米日本大使館ICT政策担当参事官、総務省総合通信基盤局料金サービス課長、同事業政策課長、情報通信国際戦略局情報通信政策課長、大臣官房企画課長、大臣官房審議官(情報流通行政局担当)などを経て、2013年7月より現職。
著書に 『ミッシングリンク〜デジタル大国ニッポン再生』 (2012年7月、東洋経済新報社刊)など。

サイバー空間の脅威が拡散・深刻化するなか、政府としてサイバーセキュリティ政策の方向をどのように位置づけ、具体的な施策を展開しているのかについて、サイバーセキュリティ基本法の制定以降の最新の動向を中心にご紹介いただきます。

14:25

15:00

〔35分〕
近年の標的型攻撃の手口とセキュリティ戦略の考え方

パロアルトネットワークス合同会社 システムエンジニア・スペシャリスト  池永 章 様

 大手独立系システムインテグレータに入社し、インフラ系エンジニアを経験。その後、外資系セキュリティソフトウェアベンダーにて、エンドポイントセキュリティ製品を中心にPKI、メールセキュリティ、マネージドセキュリティサービスなど幅広い分野で12年以上にわたり活躍。2014年11月にパロアルトネットワークスに入社。エンドポイントセキュリティ製品を担当。

日本の組織を狙った標的型攻撃も増えつつあり、もはや対岸の火事といってはいられない状況です。最新の標的型攻撃の手口の解説とともに、今必要となっている、企業のサイバーセキュリティ戦略のあるべき姿をご説明いただきます。

休憩(10分)
15:10

15:45

〔35分〕
狙われる機密情報 巧妙化するサイバー攻撃とその対策について

大日本印刷株式会社 情報ソリューション事業部 デジタルイノベーション本部 ブランドリレーション推進室  佐藤 俊介

昨年末に発生した米国エンタテインメント企業の事例をPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standards)視点で分析し、増大するAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃への対策について、企業が留意すべきポイントをご紹介します。

15:45

16:20

〔35分〕
標的型攻撃の最新動向と
アドバンストエンドポイントプロテクション Traps 3.2 のご紹介


株式会社インテリジェントウェイブ セキュリティソリューション本部 新規事業開発部 部長  アグナニ サンジェ

標的型攻撃の最新動向と、それを阻止するための対策ソリューション「アドバンストエンドポイントプロテクション Traps 3.2」をご紹介します。また、国内外の事例経験をもとに、Traps 3.2を選択することのメリットと導入にあたっての留意点をご説明します。

休憩(10分)
16:30

17:05

〔35分〕
サイバー攻撃への備えとしてのデータセンター活用について

大日本印刷株式会社 C&I事業部 システムプラットフォーム開発本部 ICT基盤企画室 室長  有田 博樹

セキュリティ・BCPの観点からデータセンターの必要性についてご説明します。また、災害リスクへの対応、高電力供給、環境負荷低減など最先端の設備に加え、高いセキュリティを確保するための運用管理体制を備えた「DNP柏データセンター」をご紹介します。

17:05

17:50

〔45分〕
【特別講演】 今、企業に求められる標的型攻撃への備え

株式会社ラック 取締役 最高技術責任者  西本 逸郎 様

 プログラマとして数多くの情報通信技術システムの開発や企画を担当。サイバーセキュリティ対策の観点で、官庁、大学、その他公益法人、企業、各種イベントやセミナーなどでの講演や新聞・雑誌などへの寄稿、テレビやラジオなどでコメントなど多数実施。著書『国・企業・メディアが決して語らないサイバー戦争の真実』(2012年2月、中経出版)

企業はセキュリティ対策を講じていますが、近年の標的型攻撃は直接企業を狙わず取引先等のシステムを踏み台にして攻撃するなど、その手口は狡猾化しています。今、企業に求められる標的型攻撃への備えについて、ご講演いただきます。

17:50 セミナー事務局より

※プログラムは予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※セミナーは定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
※同業者および学生の方につきましては、お申し込みをご遠慮いただきますようお願いいたします。
※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
※セミナーの録音および撮影はご遠慮ください。
※全プログラムまとめてのお申し込みとなります。ご了承ください。
申込受付は終了いたしました。

【お問い合わせ先】

大日本印刷株式会社 情報ソリューション事業部 セキュリティソリューション営業部 セミナー事務局
TEL : 03-3513-2404 (平日10:00 - 18:00)

© Dai Nippon Printing Co., Ltd.