サイバー攻撃対策セミナー 2017.2

期日 2017年2月21日(火)、 23日(木)、 24日(金) 14:30〜17:45(受付開始14:00)
会場 2月21日(火):東京 DNP五反田ビル、 23日(木):名古屋 名駅IMAIビル、 24日(金):大阪 ヒルトンプラザウエスト
参加費 無料 ≪事前登録制≫

ごあいさつ

近年、規模や業種に関わらず、あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となっています。攻撃の手口が多様化するなか、攻撃に対処する技術も、年々、新しいものが登場しています。新しい技術で攻撃に対処することは重要ですが、情報漏えい事件・事故の多くは、「人」が起点になっています。新しく導入した技術を活かすのもやはり「人」です。
本セミナーでは、インターネット上で今何が起きているのかを踏まえた上で、「技術」と「人」に焦点を当て、今後必要となる有効な対策をご紹介します。

大日本印刷株式会社

タイムスケジュール

14:30〜14:35

事務局より

14:35〜15:10
 (35分)

セッション 1
 情報漏えい対策を「人」で考える 今求められる組織力とセキュリティ意識の向上

サイバートラスト株式会社 技術本部
 セキュリティプロモーション部 部長 松本 義和 様

情報漏えい事件・事故の80%以上は「人」が原因です。最新のセキュリティ製品やサービスを導入することは情報漏えい対策として重要ですが、従業員のセキュリティ意識を高める工夫を絶え間なく行うことはさらに重要です。
当セッションでは、先進的な企業でも陥りがちなセキュリティ対策の形骸化・風化の問題点を考えながら、日常的であるがゆえに疎かになってしまうセキュリティ意識への対策を「セキュリティ心理学(行動心理学)」と「組織力」の視点から解説します。

15:10〜15:30
 (20分)

セッション 2
 「人」に起因する事故の最小化に向けて、従業員の意識を向上させる教育コンテンツ

大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部
 セキュリティソリューション営業部 小松崎 諒

近年、従業員のセキュリティ意識を高めるため、情報セキュリティ教育を重要施策にあげる企業が増えています。特にeラーニングでは、身近な事例、受講者に考えさせる工夫、理解しやすい画面デザイン、分かりやすい言葉づかいなど、受講者がストレスなく興味をもって学習を進めていけるよう、コンテンツ作りに配慮する必要があります。
当セッションでは、DNPが考える情報セキュリティeラーニングのあるべき形を、デモンストレーションを交えてご紹介します。

休憩 (10分)
15:40〜16:15
 (35分)

セッション 3
 拡大するサイバー闇市場 あなたの知らない「ダークウェブ」の世界

株式会社スプラウト 代表取締役社長 高野 聖玄 様

サイバー攻撃により盗み出された個人情報や企業の機密情報は、どのような場所で、どのように売買されているのか。疑問に感じたことはありませんか。インターネットの最深部には、検索エンジンでは辿りつけない闇市場が存在します。
当セッションでは、盗み出された個人情報からハッキングツールまでが売買される、サイバー闇市場の隠れ蓑「ダークウェブ」の実態をご紹介します。

16:15〜16:45
 (30分)

セッション 4
 企業が抱える課題とセキュリティ技術の今

株式会社 Imperva Japan シニアセキュリティエンジニア 岩下 洋司 様

情報漏えいリスクに直面するWebの保護、DDoS攻撃によるビジネスインパクトを避けるための対策、内部脅威対策、クラウドサービス利用時のセキュリティ統制など、企業に求められるセキュリティ対策には終わりがありません。
当セッションでは、今、セキュリティ技術はどのように進化し企業の対策に寄与しているのかを、最新技術トレンドを交えて解説します。

休憩 (10分)
16:55〜17:25
 (30分)

セッション 5
 Webサイトを守る「人」の活用と実践的な組織や体制づくり

株式会社ブロードバンドセキュリティ マネジメントサービス本部
 サービス企画部 部長 谷 直樹 様

企業を取り巻く情報漏えいリスクは増大の一途を辿っています。最新のセキュリティ製品を導入したり、CSIRTを組織したが、十分に機能していないという声も聞かれます。
当セッションでは、サイバー攻撃に備える組織や体制をどのように作ればよいのか。自社にスキルのある人材が不足している場合には、どのようにして補完するべきなのかなどについて、事例を交えて解説します。

17:25〜17:45
 (20分)

セッション 6
 サイバー攻撃から、「チーム力」で守る

株式会社サイバーナレッジアカデミー セキュリティコンサルティング部 紀伊国 啓

高度化するサイバー攻撃に対して、適切に対応・判断できるサイバー攻撃人材が必要とされています。
当セッションでは、未知の攻撃にも対応できるスキルを修得し、チーム力の醸成と向上を体感できる体験型実践演習(ハンズオン)をご紹介します。

  • ※プログラムは予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
    ※セミナーは定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
    ※同業者および学生の方につきましては、お申し込みをご遠慮いただきますようお願いいたします。
    ※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
    ※セミナーの録音および撮影はご遠慮ください。

    ※各日のセミナーは、同じ内容のセミナーとなります。
    下記のお申し込みボタン①〜③のうち、ひとつのみクリックしてください。

2月21日(火)「東京会場」セミナーのお申し込みの受付を終了しました

2月23日(木)「名古屋会場」セミナーのお申し込みの受付を終了しました

2月24日(金)「大阪会場」セミナーのお申し込みの受付を終了しました

【お問い合わせ先】
大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部
セキュリティソリューション営業部  企画営業課
セミナー事務局
TEL : 03-6735-0454 (平日10:00 - 18:00)