GLOBAL INTERIOR SEMINAR 2018 OSAKA

期日 2018年7月4日(水)
10:45〜17:00 (開場 10:15)
会場 大阪市中央公会堂 大集会室
参加費 無料 ≪事前登録制≫

ごあいさつ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

例年ご報告しておりますDNPインテリアトレンドレポート。今年は恒例のミラノサローネの最新動向を中心とした海外展示会視察報告に加え、商空間デザインをライフスタイルの視点から読み解く講演を実施いたします。

更に特別講演として、デジタルと融合した建築・都市空間の第一人者であり、日経アーキテクチュア編集部が選ぶ「10大建築人2018」にも選出された建築家の豊田啓介氏を講師にお招きし、『モノと情報の重なる領域』と題し、DNPが標榜する“P&Iイノベーション”にも通じるテーマについて講演していただきます。

*<P&Iイノベーション>
「P&I(Printing & Information)」というDNPの強みを生かし、多くのパートナーの皆さまとともに、 今までにない新しい価値を創造すること


DNPでは皆様のご期待にそえるよう、様々な情報発信を常に進化させて参ります。
是非ともご参加いただきたくご案内申し上げます。


大日本印刷株式会社

タイムスケジュール

10:45〜11:45
(60分)

第1部 海外展示会視察報告

DNPすまいみらい研究所 國東 千帆里

2018年のミラノデザインウィークの情報を中心に、アメリカやドイツなどの展示会情報からインテリアのトレンドをご紹介します。

※第4部と同じ内容です。

休憩(105分)
13:30〜14:30
(60分)

第2部 【特別講演】モノと情報の重なる領域

noiz パートナー gluon 共同主宰  豊田 啓介 様

日本が得意とした20世紀型のものづくり型から、情報プラットフォーマーが圧倒的な力を持つ時期を経て、今新しいビジネスの領域は情報とモノとを重ね合わせる領域へとシフトしています。デジタル技術をベースに実践を重ねる視点から、こうした動きの現状と今後を紐解きます。

【豊田 啓介 様 プロフィール】
建築家。東京大学工学部建築学科卒業。1996-2000年安藤忠雄建築研究所。
2002年コロンビア大学建築学部修士課程修了(AAD)。2002-2006年SHoP Architects(New York)。
2007年より東京と台北をベースに、蔡佳萱と共同でnoizを主宰 (2016年より酒井康介もパートナー)。
建築を軸にデジタル技術を応用したデザイン、インスタレーション、コンサルティングなどを国内外で行う。
2017年より建築・都市文脈でのテクノロジーベースのコンサルティングプラットフォームgluonを金田充弘、黒田哲二と共同主宰。
東京藝術大学芸術情報センター非常勤講師、慶応大学SFC環境情報学部非常勤講師、台湾国立交通大学建築研究所助理教授、情報科学芸術大学院大学 IAMAS非常勤講師。

休憩(15分)
14:45〜15:45
(60分)

第3部 ライフスタイルトレンドから読み解く商空間デザイン

DNPすまいみらい研究所 國東 千帆里

この度のセミナーでは、衣食住を取りまくライフスタイルという幅広い視点から、商業施設、ホテルなどのデザイントレンドをご紹介します。

休憩(15分)
16:00〜17:00
(60分)

第4部 海外展示会視察報告

DNPすまいみらい研究所 國東 千帆里

2018年のミラノデザインウィークの情報を中心に、アメリカやドイツなどの展示会情報からインテリアのトレンドをご紹介します。

※第1部と同じ内容です。

  • ※プログラムは予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
    ※セミナーは定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
    ※同業者および学生の方につきましては、お申し込みをご遠慮いただきますようお願いいたします。
    ※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
    ※セミナーの録音および撮影はご遠慮ください。

お申し込みの受付は終了いたしました。

【お問い合わせ先】
大日本印刷株式会社 生活空間事業部  03-6431-3266
DNP住空間マテリアル販売株式会社 03-6431-3275
(セミナー当日までの平日/10:00〜18:00)