ごあいさつ

株式会社DNP四国は1969年(昭和44年)7月、株式会社新学社様が発行する学校教育用副教材、家庭教育用月刊誌の製造を目的に、大日本印刷グループの一員として四国大日本印刷株式会社という社名で発足しました。その後1974年(昭和49年)3月、紙器包装用品の需要に応えるため紙器製造ラインを導入し、ティッシュカートンを主体とした紙器製品の製造も開始しました。2004年(平成16年)10月、社名を株式会社DNP四国に変更し現在にいたっています。 私たちは、DNPグループの一員として地域社会から信頼される企業を目指します。長年培った印刷技術(Printing Technology)と最新の情報技術(Information Technology)の融合により、21世紀の創発的な社会に対し新しい価値を生み出すソリューションを提供していきます。(P&IソリューションDNP)

「長年培った印刷技術」を駆使し、生活者の視点で「モノづくり」にこだわることで、教材関連では「未来を担う子どもたち」の夢がふくらむような製品を作り続けます。情報コミュニケーションや生活関連商品では、得意先様とその先のお客様との絆を強めるような製品をお届けします。さらに、「新しい情報技術」の提供により子どもたちの学習意欲がふくらむような支援を行うとともに、お客様すべてにDNPグループが保有する総合的なサービスをスピーディに提供していきます。そのためにも、得意先様、お客様、協力会社様との対話を深め、その対話を内容あるものにすることがますます重要になると考えます。 そして、地域の皆様との対話も深め、地域社会に少しでも貢献できるように、より一層の努力を重ねていく所存です。

今後とも株式会社DNP四国を何卒よろしくお願い申上げます。

株式会社DNP四国
代表取締役社長 山入端 邦男