新着/秀英体NEWS!

東京国際ブックフェア2005 ご来場ありがとうございました

DNPブースへの沢山のご来場、まことにありがとうございました!
製本実演を中心としたブックフェアのもようは、後日秀英体のコネタでご報告いたします。

 

東京国際ブックフェア2005 DNPブースのおしらせ

第12回 東京国際ブックフェア2005

2005年7月7日(木)〜7月10日(日) 東京ビックサイト 東展示棟
入場料:1,200円(ただし、9日・10日の一般公開日は小学生以下は無料)

同時開催(ブックフェアと共通の入場券で入場できます)
自然科学書フェア/人文・社会科学書フェア/児童書フェア/編集制作プロダクションフェア/学習書・教育ソフトフェア/デジタルパブリッシングフェア

  • ※7月7日〜9日まで第16回国際文具・紙製品フェアも同時開催されます。

東京国際ブックフェア2005 DNPブース
東京国際ブックフェア2005 DNPブース(2005.7.7撮影)

東京国際ブックフェア2005に大日本印刷も出展いたします。アナログ・デジタルにとらわれない、DNPの「モノづくり」をたっぷりご覧頂けます。

もちろん秀英体ブースもございます。今年は電子書籍、ブック・オン・デマンド、ディスプレイ表示用秀英体をご紹介します。そのほかにも、秀英体が使われた本や雑誌なども揃えておりますので、実際に手にとってご覧頂けます。

そしてDNPブースの今回の目玉は、なんと、上製本の製本工程を実演いたします! しかも実演に際して使用するのは『秀英体研究』です。

東京国際ブックフェア2005 DNPブース
製本マイスターに話を聞きながら、匠の技術をご覧頂けます。(2005.7.7撮影)

上製本の製本工程はいくつもありますが、実演では本文が印刷された中身と表紙や背を手作業で合体させる工程をご覧頂きます。本としての姿が立ち上がる、最もダイナミックな部分です。

製本工程の流れは以下のようになっています。これは手作業による工程で、機械を用いると工程が異なります。実演では色のついた工程をご覧頂けます。

実演は期間内全日とも午前1回・午後3回を予定しております。1回につき実演時間が約40分と長いので、いつでもご覧になれます。

実演タイムスケジュール

7月7日 10:00〜/13:00〜/14:30〜/16:00〜

7月8日以降 11:00〜/13:00〜/14:30〜/16:00〜

  • ※時間はあくまで目安です。当日の運営状況によって開始時間が変更いたします。予めご了承ください。

DNP製本のマイスターが目の前で見せる匠の技は、普段はなかなか見る機会も少ないものです。職人に直接質問もできます。カメラを片手にぜひ、DNPブースにお集まりください。

初日のようす

TIBF2005初日の様子
秀英体ゾーン

もちろん秀英体ゾーンもございます。ディスプレイ表示用に試作している秀英体や外字を使ったシステムのご紹介をしております。活版印刷の道具や鉛活字・母型、昭和27年の短冊形見本帳、秀英体で印刷された書籍・雑誌なども展示してあります。

TIBF2005初日の様子
有機ELディスプレイ

「曲げられるディスプレイ」として現在研究開発中の、有機ELディスプレイの展示ゾーンです。本に見立ててご紹介しています。製造方式や特徴など、開発担当者がじっくりご説明さしあげます。

TIBF2005初日の様子
製本実演ゾーン

製本実演コーナーは大盛況! 実演で使われる道具や技術、製本の歴史などを解説しながら進めていきます。本を一冊作るのに、いろいろな工夫が凝らされていることが目で見てわかります。

TIBF2005初日の様子
体験もできます

製本実演は体験もできます。写真は見返しの紙を硬い表紙に貼り付けるため、のりを塗っているところを体験して頂いています。本のノドから小口に向って「ハ」の字を書くように塗るのがポイントです。どの工程もお気軽にお声掛け下さい。

 

DNPブース 展示内容

モノづくりソリューション

  • 企画・デジタルカメラ
  • 文字・組版マイスター:職人技から情報加工技術者へ
  • 画像マイスター:RGB→CMYK変換
  • 色のこだわり:CMSを知る
  • 印刷職人:FMスクリーン印刷への挑戦
  • 製本マイスター:上製本作成実演
  • サインビジネス
  • 付加価値印刷

デジタルコンテンツ・ソリューション

  • 電子書籍と秀英体
  • 電子書籍とケータイ:電子書籍販売サイト「よみっち
  • 雑誌とコンテンツビジネス:デジタルコンテンツ配信サービス「Dplats」
  • 雑誌とデジタルアーカイブ
  • 雑誌とケータイ
  • ICタグ
  • フレキシブル有機EL

さらに! DNPブースにご来場いただいたみなさまに、『本とコンピュータ』などでおなじみの内澤旬子さんによる大日本印刷の印刷工程を描いたすてきなイラストのポストカードを記念にお配りする予定です(※数に限りがあります)。内澤旬子さんのblog(内澤旬子の仕事日記 2005-06-30「先着3000名様プレゼントです」新規ウィンドウが開きます)でもご紹介いただいているように、ポストカードに使用したものと同じイラストは、モノづくりソリューションコーナーに大きく展示してありますので、そちらもお楽しみに!

デジタルパブリッシングフェアゾーン(ブース番号17-2)でみなさまのお越しをお待ちしております。ふたつある出入口のうち片方のすぐそばです。

秀英体研究
ついにモデルデビューだわ。