新着/秀英体NEWS!

2012年11月9日

 

新宿歴史博物館「新宿を支える企業の歴史」展に活字などを出展!

新宿歴史博物館
「新宿を支える企業の歴史」展

会期:10月27日〜12月24日
休館日:第2・4月曜日
(ただし、12月24日は開館)
時間:9時30分〜17時30分
(入館17時まで)
※毎週金曜日は20時まで
(入館19時30分まで)
観覧:一般300円(常設展とのセットは500円)

詳細は新宿歴史博物館のサイト新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。

新宿歴史博物館「新宿を支える企業の歴史」展に活字などを出展!

新宿歴史博物館では、10月27日から、創立50周年を迎えた東京商工会議所新宿支部と協働で「新宿を支える企業の歴史」展を開催しています。
DNPを含む東商新宿支部の会員企業・15社が、創業当時からの所蔵史料を展示しています。

「新宿を支える企業の歴史」展
DNPコーナーの展示

DNPは、出版事業を支えた市谷・活版印刷の歴史を中心に展示をしています。職人が活字を拾うための活字棚や活字を組んだ組版のほか、DNPで活版印刷された『広辞苑』初版の清刷(広辞苑は清刷を縮小して印刷しているため、もとは大きいんです!)や『キング』、『週刊新潮』の創刊号などを紹介しています
さらに秀英体100展にご来場の方はご存知、活字スタンプを用意し、来場者が体験できるコーナーも設けています。
そうそう、作字から校正刷りまでの、印刷前工程について、職人の作業を工程ごとにまとめた映像(29分)も上映しています。ベンチもありますので、ぜひゆっくりとご覧下さい。

伊勢丹や新宿高野、追分だんご本舗など新宿区にゆかりのある企業も出展しています。
ちなみにDNPグループで古書を取り扱う雄松堂は、ナポレオン直筆の書簡などを出展。じっくりご覧下さい!

詳細は新宿歴史博物館のサイト新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。