新着/秀英体NEWS!

2013年1月23日

 

「コミュニケーションプラザ ドットDNP」がオープン、10万本の活字壁も!

コミュニケーションプラザ ドットDNP

開館時間:10時〜18時
休館日:日曜日、年末年始
入館料:無料
※ただし、一部のイベントやワークショップ等への参加は有料です。

東京都新宿区市谷田町1-14-1
03-6386-1700(カスタマーセンター)

●電車をご利用の場合
有楽町線・南北線 市ヶ谷駅:6番出口から徒歩1分
JR市ヶ谷駅:徒歩5分
都営新宿線市ヶ谷駅:1番出口から徒歩6分
●バスをご利用の場合
都営バス 橋63系統:市谷田町 徒歩5分、市ヶ谷駅前:徒歩6分
都営バス 高71系統:市ヶ谷駅前:徒歩6分
※当施設には駐車場・駐輪場はありません。ご来館の際は、電車・バス等の公共交通機関をご利用ください。

詳細はドットDNP新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。

「コミュニケーションプラザ ドットDNP」がオープン、10万本の活字壁も!

大日本印刷は、DNPの多彩な製品やサービスを、生活者に向けて発信する場として、東京都新宿区に体験型ショールーム『コミュニケーションプラザ ドットDNP』を1月23日にオープンします。

このドットDNPに、な、な、なんと、総数およそ10万本の秀英初号活字を新しく鋳造して作った活字の壁が登場しています!
1Fのhontoカフェの奥です。

活字壁
遠くから見ていると単なるグレーの市松模様ですね。

活字壁
でも近づくと……活字だー!!!

DNPでは2003年に残念ながら活字鋳造・組版を終了しています。しかし、鋳造するための型である数千本の母型は現在もすべて保管しています。
この母型を使用して、新宿区で現在も活字鋳造を行っている佐々木活字店新規ウィンドウが開きますにご協力いただき、約2ヶ月をかけて鋳造された活字たち。新鋳ですので、とってもきれい。普段活字に見慣れた人でも、おおっと思っていただけると思います。
そしてこの壁の中にある「秀」「英」の2文字の母型は、平成の大改刻の中でデジタル化した秀英初号明朝を使い、今回のために新しく母型を製造しました。母型を作ってくださったのは、台湾に1件だけ残る活字鋳造所である日星鋳字行新規ウィンドウが開きます。日星鋳字行では、CADデータから金属を彫る機械を使い、母型を作ることができます。
海を越えた活字コラボレーションで誕生したこの壁、ぜひドットDNPへお立ち寄りの際は、間近でご覧下さい。
活字の壁にはところどころ本も展示されています。ハンティントン・ライブラリー所蔵のヴェラム刷「グーテンベルク42行聖書」ファクシミリ版新規ウィンドウが開きますなど、こちらもぜひお楽しみに!

昨年広報室に配属され、いわしを食べながらDNPの業務を学びつつ、テレビCMや新聞など広告媒体で、DNPの広報活動にいそしむDNPenguin新規ウィンドウが開きますの「DNPenguinハウス」や、おいしいコーヒーを飲みながらhonto新規ウィンドウが開きますの電子書籍を気軽に体験できる「hontoカフェ」、デジタル絵本をテーマに、親子で楽しいワークショップを体験できる「デジタルえほんミュージアム」、撮影した写真をより自分らしく楽しむためのお手伝いをする「Enjoy!フォトパーク」などなど、身近なメディアのちょっと新しい体験をしていただけるコーナーが盛りだくさんです。

詳細はドットDNP新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。