新着/秀英体NEWS!

2013年6月4日

 

「秀英初号明朝 撰」本年9月にモリサワから発売

お待たせ!

提供開始予定:2013年9月
フォーマット:OpenType
文字セット:Std+α(10,199文字)、
提供方法:MORISAWA PASSPORT 2013年アップグレードキット、MORISAWA Font Select Pack

平成の大改刻から、初号ユーザー待望のフォントがついに登場です!
「ひっかけ」、「はちやね」や旧字形などを搭載した「秀英初号明朝 撰」を2013年9月よりモリサワから発売いたします。

DNP プレスリリース
大日本印刷 オリジナル書体『秀英体』の旧字バージョン「秀英初号明朝 撰」を開発 モリサワにライセンス提供し、本年9月に発売
(2013年06月04日)

モリサワ プレスリリース
モリサワ 2013 年の新書体を発表
(2013年06月04日)

見本
(左)秀英初号明朝Std、(右)秀英初号明朝 撰

2010 年に発売した「秀英初号明朝Std」は、見出し用書体としてAdobe-Japan1-3(Std) の文字セットに準拠しており、他の秀英体フォント製品との互換性も考慮し、Adobe-Japanの基準に沿った字形を採用しました。しかし、秀英初号明朝体の伝統的な「ひっかけ」や「はちやね」の旧字形など、"活字書体としての秀英初号明朝らしさ"を求めるユーザーからの声も多く寄せられたことから、旧字バージョンの「秀英初号明朝 撰」を開発しました。また、イタリック体や括弧なども追加収録し、見出し用書体としてより使いやすい秀英初号明朝をめざしました。
2010 年に発売した「秀英初号明朝Std」と、今回発売する「秀英初号明朝 撰」を組み合わせて使うことで、旧字と新字の両方を利用でき、より幅広い日本語表現が可能になります。

見本
(左)秀英初号明朝Std、(右)秀英初号明朝 撰の字形の比較(上から「ひっかけ」「はちやね」「旧字形」

秀英初号明朝 撰はStdフォント(Adobe-Japan1-3準拠/9,354文字)をもと字形変更、追加収録した10,199文字となります。
フォーマットはOpenTypeFontです。
MORISAWA PASSPORTのユーザであれば、秋以降にアップグレードキットとして提供されます。また、MORISAWA Font Select Packでも提供予定ですので、パッケージ派の方もご安心ください。

今回収録する漢字は初号の開発当初から字母はできあがっていましたが、どのようにフォントとして実装するか議論を重ね、ようやくお届けできることになりました。
秀英体のフラッグシップであり和文書体の金字塔(自分で言います)、100年を経てなお愛される秀英初号明朝は、Stdと撰、ふたつそろってひとつの書体、ということで、秀英明朝ファミリーや秀英角ゴシック金&銀と丸ゴシックともども、ぜひ末永くご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
9月の発売まで、どうぞ、いましばらくお待ち下さい!