新着/秀英体NEWS!

2019年4月10日

 

日比谷図書文化館で、秀英体のお話をします

※詳細はこちらのウェブサイト新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。

日比谷図書文化館で開催する日比谷カレッジ「活字のかたち鑑賞会」で、秀英体についてお話させていただくことが決まりました。

2005年から7年をかけて10書体12万字の開発を行った、秀英体のリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」の話題から、書体がどのように作られるか、印刷と活字の歴史、利用事例なども交えて、これまでとこれからの「秀英体」について、お話しする予定です。

開催概要

タイトル:活字のかたち鑑賞会 その2 『秀英体の生命力』
日時:2019年6月13日(木) 19:00〜20:30
会場:日比谷図書文化館(日比谷公園内)
   https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/新規ウィンドウが開きます
参加費:1,000円
定員:200名
申込方法:
 @ホームページの申込みフォーム新規ウィンドウが開きます
 Aお電話(03-3502-3340)
 Bご来館(1階受付)
いずれかにて参加希望の講座名、お名前(よみがな)、お電話番号をご連絡ください。

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20190613-post_170/新規ウィンドウが開きます