新着/秀英体NEWS!

2021年6月24日

 

「秀英四号かな+」「秀英にじみ四号かな」を拡充し、今秋モリサワから提供

秀英四号かな

提供開始時期:2021年秋
提供書体:秀英四号かな+
 秀英にじみ四号かな
フォーマット:OpenType
文字セット:StdN
※詳細はこちらのウェブサイト新規ウィンドウが開きますをご覧下さい。

大日本印刷株式会社は、株式会社モリサワに2016年からライセンス提供しているオリジナル書体「秀英体」ファミリーのひとつ「秀英四号かな」シリーズについて、漢字を追加して搭載文字を拡張した「秀英四号かな+」と活版印刷の紙とインクの質感を思わせる「にじみ効果」を加えた「秀英にじみ四号かな」の2書体を追加します。モリサワは、この2書体をDTP用フォント製品として今秋に発売するほか、Webフォントサービスでも提供する予定です。

モリサワ ニュース&プレスリリース
「モリサワ 2021年度新書体として流れるように文字がつながる筆書体「澄月」などデザインの幅を広げるラインナップを提供」新規ウィンドウが開きます
(2021年06月24日)

「秀英四号かな+」

現在の「秀英明朝」のルーツとなる活字「秀英四号」を復刻した仮名と、「秀英明朝 M」の漢字や記号を組み合わせた書体です。秀英体らしい端正さ、古典的で上品なデザインを持ち、本文組の適正だけでなく、タイトルや見出しでも映えるオールラウンドプレイヤーとも言えます。大きな文字サイズで使用しても、柔らかいカーブが再現され、「秀英明朝」よりもクラシックな印象を与えることができます。

秀英四号かな+ 書体見本
秀英四号かな+ クリックで拡大表示拡大

「秀英にじみ四号かな」

「秀英四号かな」に「にじみ効果」を持たせ、漢字と欧文に「秀英にじみ明朝L」を組み合わせた書体です。「にじみフォント」は、「秀英体」の活字で活版印刷された際の自然な“ゆらぎ”や“にじみ”を分析し、その風合いをデジタルフォント向けに再現した書体です。活版印刷では、インクの着いた活字が紙に押し付けられて印刷されるため、インクの“にじみ”や金属活字自体には無い“ゆらぎ”が自然に生じて、それが独特の風合いを生んでいます。紙とインクの質感を思わせる「にじみ効果」により、これまでのシャープで均質的なデジタルフォントでは出しにくかった、柔らかくレトロな雰囲気の味わいある表現を、各種情報端末のビューアーやWebサイト等でも実現します。

秀英にじみ四号かな 書体見本
秀英にじみ四号かな クリックで拡大表示拡大

フォーマットはOpenTypeで、文字セットはAdobe-Japan1-3(9,499字:9,354字 + N仕様144字 + 令和合字1字)です。 MORISAWA PASSPORT製品新規ウィンドウが開きますMORISAWA Font Select Pack製品新規ウィンドウが開きますで販売する他、 Webフォントサービス「TypeSquare」新規ウィンドウが開きますでも提供する予定です。
※MORISAWA PASSPORTのユーザであれば、今秋以降にダウンロードが可能です。
※新元号の合字グリフ「令和」に対応する新しい規格(Adobe-Japan1-7)に対応します。

この秋、「秀英四号かな」がパワーアップします!
秀英体ファミリーとあわせて、ぜひ様々なシチュエーションでご愛顧ください!