探検!市谷工場活版現場

鋳造

母型に溶けた鉛を流し込み、活字を鋳込む作業です。
母型を予め内臓し鋳造から植字まで行なう自動鋳植機も多く利用されていました。

鋳造

インゴッドの写真

前へ(母型庫へ戻る)次へ

鉛の棒です。現場ではインゴッドと呼びます。これを鋳造機にセットして液状に溶かします。
使い終わった活字はまとめて大釜で溶かし、再びインゴッドにします。

撮影 Kouichi Takahashi