秀英体とは

年表

号数活字時代のデザイン

秀英体の現在・過去・未来

秀英明朝の改刻前後

青:改刻前、赤:改刻後(秀英明朝L)

平成の大改刻

 

秀英体は、大日本印刷の前身である秀英舎の時代から、100年以上にわたり開発を続けている書体です。

近代化が急速に進展した明治初期に、秀英舎は印刷を「文明の営業」と表現して活版印刷に力を注ぎ、やがて自社で活字の開発にも取り組み始めました。およそ100年前の明治45年(1912)には、初号から八号までの各活字サイズの明朝体が揃います。完成した秀英体は「和文活字の二大潮流」と評され、現在のフォントデザインに大きな影響を与えています。

活字書体として誕生した秀英体のデザインは、活字の大きさや時代のニーズに合わせた、豊富なバリエーションが特徴です。気骨ある迫力の初号、流れるように繊細な三号、そして安心感と明るさを兼ね備えた秀英明朝Lなど……。根底に共通するいきいきとした筆づかいは、ことばに雄弁な表情を与え、あざやかに彩ります。

この100年、文字をめぐる環境は活版印刷からDTP、そして電子書籍へと大きく変化しています。しかし、いかに環境が変わろうとも、文字はコミュニケーションの基盤であり、美しく読みやすい書体が果たす重要性は変わりません。

さらに変化するであろう次の100年に向け、2005年から秀英体のリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」に取り組んできました。常に新しく生まれ変わり、最前線で使われ続ける書体であること..秀英体とは、革新の姿勢そのものだといえるでしょう。

 

年表

活版印刷用の活字書体として誕生した秀英体も、現在では印刷のみならず、ディスプレー表示や電子書籍にいたるまで利用シーンが広がっています。技術の変化とともに、秀英体も変化してきました。

ベントン彫刻機
*1 ベントン彫刻機
増加する出版印刷に対応するため、母型(活字の金型)製作を機械化しました。

組版用の大型コンピューター
*2 組版用の大型コンピューター

デジタルフォントの開発画面
*3 デジタルフォントの開発画面

明治1876
明治9
現在の銀座・数寄屋橋交差点付近で、秀英舎が創業。
 スマイルズ『改正西国立志編』洋装本印刷。
1881
明治14
活字の鋳造設備導入。自社で活字を作り始める。
1882
明治15
活字の製造販売部門である「製文堂」を設立。
1889
明治22
「五号活字見本」発行。自社で書体の開発を本格化。
1903
明治36
総合見本帳「活版見本帖 Type Specimens」発行。
1910
明治43
総合見本帳「活版見本帖 Type Specimens」発行。
1912
明治45
全活字の整備終了、初号から八号までの秀英体完成。
大正1914
大正3
総合見本帳「活版見本帖 Type Specimens」発行。
1915
大正4
ポイント活字の母型が完成。
1923
大正12
関東大震災の被害を受け、秀英舎本店を市谷に移転。
昭和1935
昭和10
秀英舎と日清印刷が合併し大日本印刷と改称。
1948
昭和23
ベントン式母型彫刻機を導入。母型製造の機械化。*1
1951
昭和26
彫刻機による新型母型「A1明朝」が実用開始。
1958
昭和33
金属活字のサイズをポイント制に統一し、号数制を廃止。
1968
昭和43
A1明朝原字を細型化する改刻作業開始。
1976
昭和51
コンピューター組版用に秀英体のデジタル化開始。*2
1981
昭和56
写研より写植用文字盤「秀英明朝SHM」発売。
1987
昭和62
モリサワより写植用文字盤「秀英3号」発売。
平成1992
平成4
秀英体拡充計画開始(字種拡張・ファミリー化)。
1995
平成7
電子書籍向けに秀英体のライセンス提供開始。
2003
平成15
市谷工場の金属活版印刷を終了。
2005
平成17
秀英体リニューアルプロジェクト「平成の大改刻」開始。*3
2009
平成21
改刻した「秀英明朝L」をモリサワより発売。以降、秀英体ファミリーを順次発売。
2011
平成23
「秀英体100」展開催。
2013
平成25
『一〇〇年目の書体づくり −「秀英体 平成の大改刻」の記録』を刊行。
2014
平成26
モリサワ「TypeSquare」より秀英体ファミリーのWebフォントを提供開始。
 

号数活字時代のデザイン

平成明朝のデザイン

秀英明朝のデザイン

 

右から
秀英初号明朝(昭和4年)
秀英一号明朝(大正15年)
秀英二号明朝ろ号(明治45年)
秀英三号明朝(昭和4年)
秀英四号明朝(推定昭和3年)
秀英五号明朝(大正2年)
秀英六号明朝(大正15年)
秀英細明朝(平成9年)

参考:平成明朝W3

号数活字時代の見本帳から、書風が安定した完成期の書体を掲載しました。秀英体、と一口に言っても、これほどバリエーションに富んでいます。

秀英体を代表する秀英初号ですが、その登場は、実は一号よりも遅いものでした。この特徴的な書風は明治29年(1896)にすでに登場します。初号から文字サイズが小さくなるにつれ、ふところが広くとられ、徐々に可読性に重きをおかれる文字設計がなされています。

秀英細明朝体は、戦後すぐの母型彫刻機導入とともに新規開発されたA1書体をデジタル化した書体です。その後「平成の大改刻」を経て、現在は「秀英明朝L」として出版・広告・電子メディアなどで利用されています。この秀英細明朝体=A1書体を他の秀英体と比較すると、骨格が秀英四号に似ているのがわかります。
秀英四号のひら仮名は、2015年にデジタルフォントで復刻し「秀英四号かな」「秀英四号太かな」としても受け継がれています。

秀英四号以外の号数活字にも、現在に残るデザインがあります。
秀英初号は、株式会社写研から「秀英明朝(SHM)」(写植書体)として発売され、またDNPの「平成の大改刻」では「秀英初号明朝」として復刻しました。秀英三号と五号のひら仮名は、株式会社モリサワから「秀英3号かな」「秀英5号かな」として発売されています。

こちらに掲載した初号から六号までの見本帳は『秀英体研究』第4章に原寸掲載されています。号数活字の詳しい研究は第5章に掲載されています。
なお秀英初号から六号までは欣喜堂・今田欣一氏による画線修正済みデータを画像化したものです。

  • ※初号=42pt、一号=27.5pt、二号=21pt、三号=16pt、四号=13.75pt、五号=10.5pt、六号=8pt にそれぞれ相当します。