DNP 大日本印刷株式会社
Universal Design Package トップ UDとは 指針 視点 5原則 ポイント
ユニバーサルデザインとは
imageユニバーサルデザインとは、米国ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏らが1990年代に提唱したことがきっかけで、広く普及した概念である。その背景には米国で障害を持つ人々の権利を守るための法律「ADA法(American with Disabilities Act)」が成立し、障害を持つ人々の人権問題が新たな社会のテーマとして、多くの人々の関心を集めていたことがある。メイス氏はベビーブーム世代の高齢化がもたらす「障害を持つ人々」の増加などを踏まえ、「世の中のデザインされた環境やモノは、本当にさまざまな人々に対して使いやすい配慮がなされているであろうか。」という疑問を投げかけ、このユニバーサルデザインという考え方をつくり、社会への啓蒙活動をはじめた。そしてこの考え方は、公園や歩道などの公共空間や、駅や役所といった公共施設の設計における開発などに取り入れられてきた。
ユニバーサルデザイン(Universal Design)とは、「あらゆる体格、年齢、障害の有無に関わらず、誰もが利用できる製品・サービス等の創造」と定義され、この定義は7つの原則で構成されている。
ユニバーサルデザイン7原則
原則1 誰もが公平に使用できる -equitable use-
どんな人でも公平に利用できること
原則2 使用における柔軟性がある -flexibility use-
使う上での自由度が高いこと
原則3 簡単で直感的な使用ができる -simple and intuitive use-
使い方が簡単ですぐわかること
原則4 知覚的な情報が用意されている -perceptible information-
必要な情報がすぐに理解できること
原則5 エラーに対する許容がある -tolerance for error-
失敗や危険につながらないデザインであること
原則6 身体的負担が小さい -low physical effort-
無理な姿勢をとることなく、少ない力で楽に使えること
原則7 アプローチおよび使用のためのサイズと空間が提供されている -size and space for approach and use-
アクセスしやすいスペースと大きさが確保されていること
テキスト
(c)2004 Dai Nippon Printing Co., Ltd.