DNP 大日本印刷 東京2020オフィシャルパートナー(印刷サービス)

DNP は、東京2020 オリンピック・パラリンピックの
オフィシャルパートナー(印刷サービス)になりました。

偽造防止技術を活用した、大会チケットや身分証明証の印刷およびそれらの安全な運用。大会を盛り上げるための各種告知物の制作。さらには、各国からの来訪者に向けた印刷物など。来たる東京2020 大会において、DNP は「印刷サービスパートナー」として、様々な形での支援を考えています。

■ 前回の東京オリンピック競技大会(1964年)とDNP


DNPが印刷したポスター フォトディレクション:村越 襄/写真:早崎 治


DNPが印刷した記念誌・写真集

DNPが制作したソノシート
※ソノシート:レコードの普及版として
広く世に出回った音声記録メディア

DNPが印刷した記念シール

1964年(昭和39年)に東京で開催された第18回東京オリンピック競技大会は、DNPにとって転機となる大会でした。グラフィックデザイン界の巨匠・亀倉雄策氏が制作した一連のポスターは、DNPでも印刷を行いました。B1サイズのグラビア多色印刷は当時日本初の試みでしたが、これを機により高度な技術を開発し、大量印刷を可能にしました。
DNPはこのほかにも、ガイドブック、入場券、記念シールなど、多数の印刷物を受注し、大会をサポートしました。
DNPは2020年の東京大会においては、オフィシャル印刷パートナーとして東京2020オリンピック・パラリンピックの成功のために新たな取組みを進めていきます。

■ DNPのセキュア印刷の取り組み

明治期には既に証券印刷を手がけ、お客様の大切な情報を安全・確実に扱ってきたDNP。
140年にわたって、紙から磁気カード、ICカード、様々な分野で、高いセキュリティの印刷サービスを提供しています。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けても、入場証や身分証明証等の分野で大会をサポートしていきたいと考えています。

ICカード印刷加工

  • 製品・サービスへ
 

DNPは、ICカードのトップベンダーとして、様々な用途に合わせた製品のセキュリティ印刷加工が可能です。

DNPが提供するICカード印刷

接触ICカード

読み取りや書込みを安定して行うことができ、高度な暗号処理も可能です。高いセキュリティが求められる決済やPKIなどの分野に使用されています。

 

薄型非接触ICカード

通常のICカードより、薄いタイプのカードです。
ポイントカードやホテルキーに適しています。

 

シルバーICモジュールカード

シルバーカラーのICモジュールを搭載したICカードです。
プレミア感を演出することができます。

 

Smart-Jacket(異形状非接触IC製品)

キーホルダーやフィギア等と組み合わせた、非接触IC製品です。
デザイン性、携帯性に優れています。

 

廉価版非接触ICカード

機能とメモリ容量を抑えた、廉価版の非接触ICカードです。
会員カードやポイントカード等の簡易認証用途に最適です。

 

デュアルパールカード

特殊なパール色で、見る角度によって流れるように色が変化していくカードです。

 

ディスプレイカード

電子ペーパーを搭載したカードです。非接触リーダーライターから受信したデータをカードに表示可能です。電子ペーパーの採用により、曲げに強く柔軟なカードを実現しました。

 

ホログラム印刷加工

  • 製品・サービスへ
 

DNPは40年にわたりホログラムを開発してきたパイオニアで、多くの企業、ブランドに採用されています。リップマンホログラムとエンボスホログラムの2種類のホログラムのセキュリティ印刷加工が可能です。

リップマンホログラム

卓越した立体感を持つ画像表現ができるホログラムで、その製造には高度な複製技術を要するため、量産可能なメーカーは世界でも限られています。

 

エンボスホログラム

見る角度により、色彩がレインボーに変化し、左右方向の立体感を表現できるホログラムです。

 

DNPのホログラムは、商品券・ギフト券・クレジットカードの各種金券および輸出用サプライ品等の偽造防止用途から雑誌・書籍の表紙、パッケージ、プレミアム品の意匠用途まで幅広く利用されており、世界的に高い評価を受けています。

ニュースリリース

2016年10月31日(月)
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナーに決定
「印刷サービスパートナー」として東京2020 大会の成功を支援

新聞広告

2016年11月1日(火)日本経済新聞

DNPは、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー(印刷サービス)になりました。