DNP 大日本印刷

menu

 

トピック

2015年12月25日

 

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 大日本印刷のICキャッシュカード即時発行サービスが埼玉縣信用金庫で採用

信用金庫で初採用、生体認証機能の利用促進に貢献

 

大日本印刷株式会社(DNP)のICキャッシュカード即時発行サービスが、埼玉縣信用金庫に採用され、2016年秋に全店舗(96店)に導入される予定です。

【ここがポイント!】

●ICキャッシュカードがその場で受け取れます。

ICキャッシュカードを店頭で申し込む場合、従来は、契約者の自宅などに郵送していたため、契約者の手元に届くまで数日かかっていました。

ICキャッシュカード即時発行サービスを導入することにより、新規発行のほか、紛失や破損などで再発行を希望する契約者に、店舗ですぐにカードを渡すことができるようになります。

●生体認証機能の利用が簡便に。

ATMで生体認証機能を利用するためには、契約者が自宅に届いたICキャッシュカードを店舗に持参し、窓口で生体情報を登録する必要があるため、従来はICキャッシュカード発行申込みと生体認証登録の2回の来店が必要でした。本サービスを採用することで、1回の来店で両方を同時に済ませることができるため、契約者の利便性を大幅に向上させることができます。

●印鑑の持参も不要に。

埼玉縣信用金庫は、生体認証の登録率向上により、窓口においても、印鑑を必要としない取引の導入を目指しています。これにより、印鑑を持参しなくても良くなるため、契約者の利便性がさらに向上します。また、印鑑照合が不要となることで事務の効率化も可能となります。

DNPのICキャッシュカード即時発行サービスは、埼玉縣信用金庫の勘定系システムから受け取ったカード発行依頼データをもとに、ICキャッシュカード発行用データを生成し、ネットワーク経由で、店頭に設置した即時発行機により、ICキャッシュカードのICチップへの書き込みや券面への印字を行います。

【今後について】

DNPは、これまで地方銀行を中心とする14行にICキャッシュカード即時発行サービスを提供してきました。今回、信用金庫では初めての採用となります。今後DNPは、信用金庫業界での本サービスの普及を進めるなど、金融機関のカード発行業務の効率化を支援していきます。

 

 
 
 

ページトップ