トピック

2016年11月15日

 

お知らせ

オリジナル書体『秀英体』を「REALTYPE」にライセンス提供

Webサイト上で誰でも秀英体フォントを利用しやすく

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、9月29日、DNPのオリジナル書体『秀英体』の12書体を、株式会社リアルタイプ(以下:RT)の日本語Webフォントサービス「REALTYPE」にライセンス提供しました。

【「REALTYPE」の概要】

「REALTYPE」は、コンテンツや閲覧環境に最適なフォントデータを判断して配信する日本語Webフォントサービスです。このサービスは、フォントデザイナー等が自ら作ったフォントを無料で登録し、価格設定してWebフォントとして販売できることが最大の特徴です。登録されたフォントデータは、REALTYPEの独自技術により、Webページに必要な文字だけのフォントとして配信されるため、軽量で高速な日本語フォントの配信が実現されています。

また、ページビューに応じて料金が加算されるWebフォントサービスが多いなかで、本サービスは使った文字量に応じた料金体系なので、誰でも気軽に日本語Webフォントが利用できます。

●「REALTYPE」の詳細はこちらのWebサイト(https://www.realtype.jp/)をご覧ください。

 

【「REALTYPE」に提供する『秀英体』12書体】

「秀英体」は、DNPが明治時代から開発を続けているオリジナルの書体で、優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われるなど、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも高い評価を得ています。2005年には「平成の大改刻」に取り組み、デジタルフォントをはじめ、数々の書体の開発などを行ってきました。その成果である最新の書体は、2009年からDTP環境のほか、電子書籍ビューアーやワープロソフト等にライセンス提供しています。

今回提供するのはWebサイトでも美しく表現できる次の12書体です。

 

・秀英明朝L・M・B

・秀英初号明朝

・秀英横太明朝M・B

・秀英角ゴシック金L・B

・秀英角ゴシック銀L・B

・秀英丸ゴシックL・B

*注:L・M・Bは文字の線の太さを表わしています。L=細、M=中、B=太。

 

■本サービスにより、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社のコーポレートウェブサイトの一部に秀英体が採用されました。(https://www.dac-holdings.co.jp/

 

 使用書体:秀英角ゴシック金

■D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社広報担当者コメント

「『秀英角ゴシック 金』は『オーソドックスな角ゴシック体』でありつつ、『明るい印象』を持つ文字のかたちをしています。また、仮名が大きめに作られているため読みやすく、カタカナや英数字が多く登場する本サイトには適した書体であると判断しました。

Webフォントを利用する事で、高解像度のデバイスでもなめらかな文字表現が可能になるだけでなく、PCからスマートフォンまで対応するレスポンシブデザインを実装する上でも画像の作り直しなどがなく、CMS*1との親和性も高いので有効です。情報の作成や更新にかかる手間を軽減しつつ表現力を高める事ができました」。

*1 CMS(Content Management System)は、Webサイトのコンテンツを統合的に管理するシステム。

【今後について】

DNPは秀英体の利用範囲をさらに広げていくため、保有する活字書体を復刻するとともに、Webフォントを活用したサービス、電子書籍やデジタルサイネージ(電子看板)への展開などを進め、多様な分野へのライセンス提供を進めていきます。

 

※秀英体の詳細はこちらのWebサイトをご覧ください。→ http://www.dnp.co.jp/shueitai/
※「秀英」及び「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。
その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義俊 資本金: 1,144億円
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 本社:東京 代表取締役社長:矢嶋弘毅 資本金:40億円