トピックス

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆大日本印刷 丸善京都本店のカフェで「京都文化遺産講座」を開催

― 知恩院の金碧障壁画の複製を展示し、文化遺産を間近に体感できるイベントスペースに ―

大日本印刷株式会社(DNP)は、丸善京都本店に併設しているMARUZEN caféで、浄土宗総本山知恩院(知恩院)の大方丈にある狩野尚信の金碧障壁画『仙人図』4面の高精細複製「伝匠美(でんしょうび)」の展示を12月2日に開始しました。

2017年1月27日にはDNPが京都・文化遺産アーカイブプロジェクト*1として取り組む「京都文化遺産講座」を開催するなど、文化遺産を間近に体感できるスペースとして当カフェを活用していきます。

【「京都文化遺産講座」について】

DNPは、高精細複製「伝匠美」の展示と、「文化遺産の保存と継承」を目的として収録した高精細映像作品の公開上映、文化遺産所有者・伝統文化や美術工芸等に携わる有識者による講演などによって、次世代へ継承する文化遺産について共に考える「京都文化遺産講座」を実施します。

その第1弾は、2017年が大政奉還150周年の記念の年となることを背景に、徳川将軍家ともゆかりの深い知恩院の高僧による講話、金碧障壁画『仙人図』4面の「伝匠美」の展示などを行います。また「伝匠美」の製作過程と、特別な許可を得て収録した「知恩院大方丈」を紹介する高精細映像作品を上映するなど、文化遺産の保存と公開の両立などについて考える機会を提供します。

【高精細複製「伝匠美」について】

「伝匠美」は、金箔上に直接高精細印刷する(DNP特許技術)高精細複製です。

今回、京都・文化遺産アーカイブプロジェクトの一環として、DNPが文化財の公開と保存の両立を目的に製作した、金碧障壁画『仙人図』(狩野尚信)4面の「伝匠美」を展示します。金箔上の松枝のような濃墨の階調や立体感、胡粉や岩絵の具で描かれた衣装の質感などを忠実に再現しており、狩野尚信の生き生きとした運筆を間近に堪能することができます。

 

丸善京都本店の地下2階MARUZEN caféに知恩院の金碧障壁画『仙人図』4面の高精細複製「伝匠美」を展示

■「京都文化遺産講座」開催概要

日時     : 2017年1月27日(金)18時〜19時30分(約90分)

場所     : MARUZEN café

           京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251  京都BAL地下2階

講演者   : 浄土宗総本山知恩院 執事 鶴野重雄 氏

講演内容 : 『大政奉還150周年記念』文化財にこめられた心

放映映像 : 高精細映像作品『浄土宗総本山知恩院』 (京都・文化遺産アーカイブプロジェクト)

定員     : 先着約40名

参加費  : 1,000円/人(飲物代込)

申込み   : 丸善京都本店WEBをご参照ください  https://honto.jp/store/news/detail_041000020690.html

*1京都・文化遺産アーカイブプロジェクト : DNPと毎日放送(MBS)が「明日の京都文化遺産プラットフォーム」と連携して、京都の世界文化遺産「古都京都の文化財」(17社寺・城)をはじめ、有形・無形の文化遺産を特別な許可を得て、4K映像を収録・保存し、次代へ継承していくプロジェクト。文化遺産の所有者と未来を担う次世代の人々をつなぎ、長い歴史のなかで受けつがれてきた伝統ある文化遺産の保存と継承をテーマとして、イベントや教育活動などを展開しています。
大日本印刷株式会社  本社:東京  社長:北島義俊  資本金:1,144億円