DNP 大日本印刷

menu

 

トピック

2017年02月14日

 

お知らせ

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆「第3回 DNP地方創生セミナー」を3月3日に開催

各地域が取り組む“インバウンド”などの最新事例を紹介

 

【インバウンドの取り組み推進に向けた「地方創生セミナー」を開催】

大日本印刷株式会社(DNP)は、地域活性化の取り組みを紹介し、来場者とともに価値を高めていく「第3回 DNP地方創生セミナー」を、3月3日(金)に東京・市谷のDNPプラザで開催します。

日時 : 2017年3月3日(金)13:00〜16:30

場所 : DNPプラザ(東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル)(http://plaza.dnp/

プログラム:

〔第1部〕

 1.「海外からの個人観光客戦略について」

株式会社くまもとDMC 福岡オフィス代表

株式会社コレゾ 代表取締役/Kyushuro Co., Ltd. 日本支社長 枌(へぎ)大輔氏

2.「広島県福山市の取組について」

福山市ふるさと資源活用推進員 渡辺 幸三氏

3.「青森県下北郡佐井村の取組について」

佐井村役場 総合戦略課  宮澤 淳氏

〔第2部〕  トークセッション「アジアの個人旅行者向け提案」

〜観る・学ぶ・食べる・体験する・泊まる・スペシャルの視点より〜

・ 第1部では、韓国の個人客向け旅館予約ポータルサイト「KYUSHU-RO(九州路)」や、復興庁のプロジェクト「TOHOKU‐RO(東北路)」の立ち上げに関わり、10年を超える取り組みを進め、韓国の個人客向けサービスに精通している枌大輔氏から、海外個人観光客を誘致する戦略などをお話しいただきます。

また、スマートフォン用アプリ「DNP旅の“よりみち”アプリ YORIP(ヨリップ)」を活用しながら地域活性化に取り組む青森県下北郡佐井村、広島県福山市の代表者に、両地域の観光施策及びインバウンド戦略について報告いただきます。

・ 第2部では、青森県下北郡佐井村、広島県福山市の両地域が「アジアの個人旅行者向け提案」を行い、『個人観光客=高額消費観光客』の目線で枌氏に評価いただくトークセッションを開催。参加者の方々と意見交換も行います。

●DMOや観光に携わる自治体、観光協会、団体、企業の多くの方々の来場をお待ちしています

*DMO(Destination Marketing / Management Organization) : 明確なコンセプトに基づいて、観光地域づくり、観光振興などを実現していくための組織。地域の経済的発展を図る“地域商社”のひとつとして、注目されています。

●申し込み締め切りは3月2日、定員は80名です。下記Webサイトでお申し込みください。

http://plaza.dnp/CGI/event/reservation/detail.cgi?seq=0000663

●会場のDNPプラザの2Fでは、地域の魅力を体験できる地方創生企画展「全国よりみち研究所」(入場無料)を同時開催中です。あわせてご覧ください。(http://mirai.dnp/chiiki/yorimichi.html

【DNPの地方創生の取り組み】

日本の各地域は、地方創生の取り組みのなかで、海外からの旅行者に対するインバウンド施策の推進に力を入れています。またDMOの発足に伴い、外国人の観光客数を単に競い合うだけでなく、多くの人がその地域を訪れることで、消費が増えるかどうかといった評価指標を明確にすることが求められています。そのためには一過性の集客だけではなく、地域の魅力を発信して、そこに理解や共感を持ってファンになってもらえるような方法や、地域での消費を拡大する方法などを考える必要があります。

DNPは、旅行者をはじめ、街歩きを楽しむ多くの人々に向けて、地元ならではの魅力が詰まった“よりみち”スポット情報を提供するスマートフォン用アプリ「DNP旅の“よりみち”アプリ YORIP」のサービスを提供するほか、観光客の動線データの検証など、地域の課題を抽出し、地域の魅力の最大化を図っています。また2016年7月には訪日外国人向けイベント周辺エリアの情報を英語で提供するインバウンド向けサービスを開始しました。

今回、「YORIP」の協力パートナーの地域や、地方創生を支援する企業から講師をお招きし、『インバウンド観光客の地域消費アップ』をテーマにセミナーを開催します。

 

 
 
 

ページトップ