トピック

2017年03月31日

 

情報技術

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆日本の技術・製品を知育に活用した展示イベントをマレーシアで開催

日本の技が”おもちゃ”に変身! 遊びと学びを育む体験型知育イベントを実施

 

大日本印刷株式会社(DNP)は、日本企業の技術や製品と「知育」を掛け合わせた体験型展示イベント「TOYBOX OF JAPAN」を、マレーシアの首都・クアラルンプールのISETAN The Japan Store内にあるイベントスペース「CUBE_1」*1で、2017年4月5日(水)〜6月10日(土)に開催します。

【ここがポイント!】

製品やサービス、情報や技術など、企業が保有するさまざまな強みは、芸術や科学の創造性にも通じるとの考え方のもと、本展では「CUBE_1」という場を“おもちゃ箱”に見立て、日本企業の技術・製品などを「知育」に活かしたオリジナルの“おもちゃ”の数々をNPO法人CANVAS*2  と共同で”遊びながら学べる体験型の知育コンテンツ”にアレンジしました。来場者は全ての“おもちゃ”を実際に手にとって五感で体感し、「不思議に思う」「驚く」「触れる」「遊びつくす」ことでさまざまな「学び」を得ることができます。

1. 日本発の技術を活用した体験型コンテンツを紹介
パソコンとカメラを使い、何にも触れずに体を動かして演奏する新しい発想の楽器アプリケーション「KAGURA」や、タブレット端末を使った直感的な操作と紙の塗り絵の要素の組み合わせによって自由な創造力を生み出す「シャッフルぬりえ」など、日本発のインタラクティブな体験型コンテンツを本展示用にオリジナルに編集して紹介します。

2. 日本発の知育玩具で海外での知育支援の場を創出
日本の各企業が生み出した「知育玩具」と、クアラルンプールの子どもとの“出会いの場”を創出します。
日本の知育玩具がアウトバウンド(海外進出)するきっかけづくりも目的としています。

3. 日本発の知育ワークショップの実施
日本国内にて約3,000回のワークショップの実績を持つCANVASと共同で、知育イベントを実施します。日本の人々の工夫や技術がつまったアイテムと、マレーシアの子どもたちの全身を使った身体表現とを組み合わせることで、次代を担う子どもたちの創造力や洞察力、感受性を育み、また多様な文化を認め合いながら学ぶことの楽しさを伝えます。 



 

○様々な賞を受賞した「KAGURA」(上左・(株)しくみデザイン提供) ○「シャッフルぬりえ」(上右・(株)ピコトン提供) ○お菓子でプログラミングを学べる「GLICODE」(下・江崎グリコ(株)提供)

【「TOYBOX OF JAPAN」展 開催概要】


展示会名: TOYBOX OF JAPAN‐Let's Discover Your Children's Creativity & Inspiration!‐
会期   : 2017年4月5日(水)〜2017年6月10日(土)

※知育イベントは2017年5月27日(土)・28日(日)の2日間開催。

開館時間: 午前11:00 – 午後9:00(最終入場 午後8:30)

※営業は、ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの営業日に準じます。

入場料  : 4歳以上 RM15(マレーシア・リンギット)、
10人以上の場合RM8(約120円)/人、3歳以下は無料
会場   : 「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」3F THE CUBE / CUBE_1
                 (50 Japan Sultan Ismail 50250 Kuala Lumpur, Malaysia)
主催   : ICJ DEPARTMENT STORE (M) SDN. BHD./大日本印刷株式会社
キュレーション: NPO法人CANVAS
協力企業:株式会社チャイルド社、株式会社デジタルえほん、江崎グリコ株式会社、橋本螺子株式会社、株式会社ピコトン、シヤチハタ株式会社、株式会社しくみデザイン、布山タルト、有限会社トリガーデバイス、株式会社チューブロック ほか
  

 

○誰でも簡単にアプリケーションが作ることができる「Springin」(左) ○ねじを利用して造形物をつくる「ねじブロック」(右)

 

○重力が遊びになる「バランス積み木」(左)  ○パイプ同士をつなげて造形物をつくる「Tublock」(右)

  

○スタンプすることで色を重ね、描画することができる「エポンテ」(左)  ○簡単なアニメーションを作ることができる「KOMA KOMA」(右)

【今後について】

DNPは、引き続き「CUBE_1」で、日本を代表するクリエイターやアーティスト、職人や文化人等とのコラボレーションによって、来場者にさまざまな日本文化の体験を提供していきます。


*1 CUBE_1 : 三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構の合弁会社「ICJ DEPARTMENT STORE (M) SDN. BHD.」が2016年10月から運営する、ISETAN The Japan Store3F「THE CUBE」にあるイベントスペース。
過去の展示会のようすは Facebook :Cube1kl  Instagram :cube1kl でもご覧いただけます。
*2 NPO法人CANVAS : 子どものための創造・表現の場を提供し、豊かな発想を養う土壌を育てることを目標として、さまざまな分野の関係者の熱意のもとに、2002年11月に設立されたNPO法人。設立以来、全国の美術館、博物館、小学校、放課後施設、大学等さまざまなスペースを舞台に約3,000回のワークショップを約35万人のこどもたちへ実施しています。
※「TOYBOX OF JAPAN」展の推奨年齢は4歳以上です。一部、6歳または8歳以上のコンテンツがあります。
※掲載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。また、画像はイメージです。
※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。