DNP 大日本印刷

menu

 

トピック

2017年10月02日

 

6言語に対応したデジタルサイネージで香川県高松市への訪日外国人を支援

地図の検索、クーポン発行機能で周辺観光地や商店街の回遊を促進

 

大日本印刷株式会社(東京都新宿区、社長:北島義俊、資本金1,144億円、以下:DNP)は、高松兵庫町商店街(香川県高松市、理事長:田村光博)が2017年9月29日から2022年3月31日まで実施しているインバウンド誘致の実証実験において、DNPが開発した「DNP多言語案内システム」*1を搭載したデジタルサイネージを設置します。

【高松兵庫町商店街の実証事業について】

本実証実験は、芸術観光をはじめとした瀬戸内エリアの観光拠点に近接した高松兵庫町商店街振興組合が訪日外国人の集客と消費拡大のため、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用して地域活性化を図る取り組みで、中小企業庁の「商店街・まちなか集客力向上支援事業」に採択されて実施するものです。
DNPは一般社団法人おもてなしICT協議会*2の一員として参画します。デジタルサイネージならではの機能を活用して、香川県と高松市が提供する観光情報を配信するなど、瀬戸内を観光する訪日外国人の周辺観光地への回遊や商店街への集客を支援します。

【「DNP多言語案内システム」搭載デジタルサイネージについて】

DNPが提供する「DNP多言語案内システム」搭載のデジタルサイネージは、高松兵庫町商店街(2台)、フェリー乗り場、JRホテルクレメント高松、JR高松駅(手荷物預かり所)の4箇所に合計5台設置されています。主な機能は次の通りです。

●6つの言語に対応した各種情報が可能
日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語の6言語に対応して、各種情報の発信などを行います。

●周辺の観光スポットを簡単に検索
訪日外国人をはじめとする観光客などに、観光スポットや各種施設等の情報を発信します。画面の地図上で、観光スポットのジャンルや現在地からの距離を絞り込んで検索できます。また2次元コードを利用することで、現在地からのルートをスマートフォンに取り込むことができます。


●デジタルパンフレットでの観光情報の提供
観光スポットや各施設の案内情報や周辺地図などを、デジタルパンフレットとしてデジタルサイネージの画面上で閲覧できます。また2次元コードを利用して、このデジタルパンフレットをスマートフォンにダウンロードすることができます。

●クーポン発券機能
2次元コードを利用して、観光スポットと関連したクーポン情報をスマートフォンに取り込むことができます。クーポン券の発行によって、周辺観光地への集客や商店街の利用を促進します。
●地域通貨のICカードをかざすと言語を切り替えて表示
地域通貨として発行されているICカード(地域通貨めぐりんカード)について、ICカード登録端末で優先言語をあらかじめ登録しておくことによって、デジタルサイネージ画面にICカードをかざした際、その優先言語で画面に情報を表示します。 

*1 2017年9月21日リリース:URL : http://www.dnp.co.jp/news/10139467_2482.html
*2 一般社団法人おもてなしICT協議会(理事長 慶応大学教授 西 宏章) http://www.omotenashi-ict.jp/
※大日本印刷は、おもてなしICT協議会の理事社員です。
 
 
 

ページトップ