DNP 大日本印刷

menu

 

トピック

2018年03月05日

 

「リテールテックJAPAN 2018」と「JAPAN SHOP 2018」に出展します!

 

大日本印刷株式会社(DNP)は、2018年3月6日(火)〜9日(金)に東京ビッグサイトで開催される第34回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2018」と、第47回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2018」に出展し、流通業界や小売店舗向けの多種多様なソリューションを紹介します。

 「リテールテックJAPAN 2018」URL:https://messe.nikkei.co.jp/rt/
「JAPAN SHOP 2018」URL:https://messe.nikkei.co.jp/js/

【DNPブースの出展コンセプトと内容】

■「リテールテックJAPAN 2018」

  

生活者の日常生活へのデジタル技術の浸透が加速していくなか、リテール業界の仕入れ・調達、マーケティング、店舗オペレーション、決済などの業務プロセスは、自動化や無人化への変革期を迎えています。DNPは、リアルやデジタルでの、さまざまなお買いものシーンに関わる人びとに驚きと感動を与え、リテール分野のデジタルトランスフォーメーションの実現をサポートしています。
「DNPが描く未来のお買いもの デジタルトランスフォーメーションで驚きと感動を」をコンセプトに、「次世代サプライチェーン」「売り場」「キャッシュレス」「デジタルマーケティング」「カスタマーエクスペリエンス」のゾーンに分け、デモを交えながら最新ソリューションを紹介します。

〇デモステージ

ICタグや電子透かし技術*1が実用化された未来では、どんなお買いものになるのか、生活者のお買いものシーンをイメージしたデモ形式で紹介します。

*1電子透かし技術 : 画像・音声・動画等のデータに目に見えたり耳に聞こえたりしない任意の情報を埋め込む技術。

〇「次世代サプライチェーン」ゾーン

DNPも参画した国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システム」の実証実験の様子や、NFC、安心・安全なIoT環境など、最新技術を用いた機器や仕組みを体感できます。

〇「売り場」ゾーン

リアルな店舗の価値が見直されるなか、売り場づくりや運用にかかる負荷の軽減は大きな課題になっています。情報の統合管理や、ICT、AI(人工知能)の活用によって、人的リソースの最適化、接客・販促の均質化、業務の省力化・無人化を可能にするソリューションを紹介します。

〇「キャッシュレス」ゾーン

キャッシュレス社会を実現する決済プラットフォーム、決済、ポイント、通知などの機能をモバイルに統合する「モバイルWalletサービス」、決済情報をマーケティングに活用する「決済連動マーケティング」などを紹介します。

〇「デジタルマーケティング」ゾーン

DNPはリアルとデジタルをつなぐマーケティングのコンサルティングから、システム導入、データ管理・分析、施策の実施・効果検証、関連業務の受託までトータルにサポートしています。
「ネットプロモータースコア*2を組み入れたカスタマージャーニーマップ」や、「多様な顧客接点で最適なコミュニケーションを実現するマーケティングツール」、「DNPが生活者向けサービスを通じて蓄積したオリジナルデータ」など、精度の高いデジタルマーケティングの実現を支援するソリューションを紹介します。

*2ネットプロモータースコア:購買者が企業の製品・サービスを「友人や知人に薦めたいか?」という観点から顧客ロイヤルティを測る指標

〇「カスタマーエクスペリエンス」ゾーン

センシングやAIなどの最新のデジタル技術と、電子ペーパーや店頭什器、電子透かし対応レジなどを組み合わせ、新たな店頭体験を提案します。

〇ミニセミナー

社外の先進的な企業や導入企業からもゲスト講師を招いて、対談形式のミニセミナーを行います。

※最新情報はDNPウェブサイト(https://www.dnp.co.jp/seminar/rt/)をご覧ください。


■「JAPAN SHOP 2018」

  

人が過ごすさまざまな空間を変えていくためには、素材の自由度、デザインの自由度、機能開発による用途の自由度を実現する必要があります。
今回のJAPAN SHOPでは「空間はもっと自由でいい」をコンセプトに、耐久性や軽量化、施工性、自然素材では難しい空間の外と内との連動性の実現など、さまざまな素材の制約にとらわれない自由な設計・デザインの実現について紹介します。 

〇景観を彩る<外装材>

焼付印刷アルミパネル「アートテック®」など、街の景観を彩る高意匠・高機能な外装材を、実際にブースを構成する素材として使用してご紹介します。 

〇壁に価値を与える<内装材>

買う人、働く人の双方に心地よい店舗空間を演出する、機能性と装飾性を兼ね備えた壁装商品群をご紹介します。

〇次世代ステルス空間<コンセプトゾーン>

デジタルの利便性とノイズレスでスタイリッシュな空間意匠の両立を目指すコンセプトゾーンです。AIやセンシングと一体化した建装材による新しい空間体験をご体感ください。

〇省人化・省施工<売り場>

施工職人の不足、工期や清掃時間の短縮など、売場における喫緊の課題に対応する建装材パッケージ商品をご紹介します。

〇学びや体験の場づくり支援<売り場>

これからの売場づくりに求められる“コト体験”を支援するサービスメニューをご紹介します。
 
※最新情報はDNPウェブサイト(https://www.dnp.co.jp/seminar/js/)をご覧ください。

 
 
 

ページトップ