Office環境で「デジタルテスト」

Answer Box Creator (アンサーボックスクリエイター)

AnswerBoxCreatorは、授業中に行う小テストをOffice環境で手軽にデジタル化できるソフトウェアです。
これまで先生が作成した教材資産を、Wordを使ってタブレット用教材として活用でき ます。
児童・生徒の解答は、結果だけでなく 解答時間や順序も記録できます。

◆先生がお持ちの教材を利活用可能

テストの採点効率化

日常の学力の可視化

◆自治体単位での学力把握

 ●トピックス

2016/3/29

「日経産業新聞」様で紹介されました
小中向け学習支援システム 個々の弱点把握、指導法改善
弊社ニュースリリースサイトリンク

2016/2/19

「デジタルテスト実践事例」のご紹介
立命館小学校様の実践事例(算数・五年生)をご紹介します。
実践事例

2016/1/1

「教育家庭新聞」様で紹介されました
デジタルテストでインタラクティブに…船橋市立古和釜中学校様
掲載記事 (提供:教育家庭新聞社様)

2015/12/7

「教育家庭新聞」様で紹介されました
デジタルテストですぐに振り返り…立命館小学校様
掲載記事 (提供:教育家庭新聞社

 - 上記以前の掲載情報 -

紙面掲載

・教育家庭新聞(10/5、5/4) ・日本教育新聞(5/18) ・教育新聞(2015/5/14) ・全私学新聞(2015/5/13) ・学習情報研究(2015年11月号

WEB掲載

・ICT教育ニュース(5/19) ・リセマム(2/9) ・各学校様

展示会出展

・第7回教育ITソリューションEXPO出展 ・各種展示会

 

機能概要

導入効果

1.テストの採点効率化

2.日常の学力の可視化

3.自治体単位での学力把握

点紙入力・集計作業など業務負荷が大きい従来の紙での採点に比べ、PCやタブレットを利用した採点の効率化を実現します。

日々の小テストなどのデータを蓄積し、年に数回の定期テストでは発見できなかった弱点・傾向を日常的に把握できます。

先生の経験や肌感覚に加え、データに基づく個別指導や保護者への成績説明が可能です。

学校単位で学力データが蓄積されることで、自治体内の学力分布や傾向の把握が容易となり、指導方針の策定などをスピーディに行えるようになります

※自治体単位での集計には、本システムの生成データを別途集計する作業が必要となります。

複数の政令指定都市や自治体で導入済み、また、導入に向けた評価を随時進めております。

特長

上記イラストはイメージです。一部、現在開発中の機能を含みます。

機能詳細

 (1) Wordで問題作成

先生がお持ちの教材に、Word環境で簡単に解答欄を配置します。
従来の教材資産を、タブレット用教材として活用できます。(Word形式以外の教材も画像貼り付けで、ご利用可能です。)

解答欄配置イメージ

各解答欄の設定

作成が終わった問題データファイルは、授業支援ソフト等を使って生徒のタブレットに配信します。

(2) タブレット・PCで解答

タブレット上での解答

タブレットPCにスタイラスペンを使って直接解答します。

選択問題だけでなく、自由記述問題にも対応しています。
例えば、算数の場合、最終解答だけでなく、計算式含む全ての過程を記述することができます。

解答は、解答時間・順序を含むデジタルデータとして保存されます。

キーボード入力/テンキー入力で解答する場合は、その場で自動採点されます。

(3) エクセルで自動採点・一括集計・分析

解答が終わったファイルを先生用PCに提出※してExcel環境でデジタル集計します。

なお、選択肢問題は自動採点、自由記述問題については先生が目視で効率的に採点できる「串刺し採点機能」をご用意しています。

 

 串刺し採点のイメージ

生徒ごとの合計点や、問題ごとの正答率、その他詳細なデータの集計が可能なため、
先生はこれらデータに基づいた、個人にあった指導が行えます。
※解答データファイルの回収は、授業支援ソフト等を利用します。

      

 

こんな使い方も・・・

●解説・指導用の動画を作成
本システムで解答した内容は動画ファイル※に変換可能です。
例えば、先生が授業前に職員室でデジタルペンを使って紙に模範解答を記入。その動画を授業中の解説動画としてご活用いただけます。
※専用形式のファイルに変換。生徒の解答も同様に動画への変換が可能です。

 

機能の一部が、変更になる可能性があります。

仕様・ 動作環境

価格

オープン価格

ボリュームライセンス価格・WiCC圏域包括メニュー価格・他製品とのパッケージ価格などについては、価格の提示条件や製品の提供条件がございます。
お気軽にお問い合わせください。

システム要件

OS

<ver.2.0以前>

・Windows 7 SP1 (64bit/32bit 日本語版)、Windows 8.1 (64bit/32bit 日本語版)

<ver.2.0以降(2016年夏リリースモデル以降)>

・Windows 7 SP1 (64bit/32bit 日本語版)、Windows 8.1 (64bit/32bit 日本語版)、Windows 10 (64bit/32bit 日本語版) 

※タブレットPCで解答する場合は、Windows 8.1(64bit/32bit 日本語版) ,10(64bit/32bit 日本語版)の対応となります。

CPU・メモリ

各OSの推奨仕様及びMicrosoft Office 2013/2016の推奨仕様に準拠します。

※快適なご利用にはCPUがIntel Core i3以上(先生機はi5以上)、メモリ4GB以上を推奨しています。

ストレージ

・ インストール用に200MB以上の空き容量が必要です。

ソフトウェア

本製品はMicrosoft Officeを利用しますが、64bit版officeには対応していませんのでご注意ください

<ver.2.0以前>

・Microsoft Office 2013 (32bit 日本語版) 

・.NET Framework 4.0および4.5

<ver.2.0以降(2016年夏リリースモデル以降)>

・Microsoft Office 2013 (32bit 日本語版)or 2016 (32bit 日本語版)

・.NET Framework 4.5および4.6

<ver共通>

・Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime

<解答済みテストファイルの動画再生をする場合>

・ ThinkBoard プレイヤー Windows版

   (参考) ThinkBoard プレイヤー http://www.zettalinx.co.jp/products/tb/

インストール

・ アプリケーションのインストールにはPCの管理者権限が必要です。

●オプション製品

デジタルペン

・ ADP601 アノト方式デジタルペン(Bluetooth USBアダプター付属)

※OpenNOTEとの併用が可能です。  (参考) OpenNOTE http://www.dnp.co.jp/opennote/

・ デジタルペン記入用紙対応プリンター

リコー/沖データ/富士ゼロックス/NEC/エプソン/キヤノン/カシオ

  (参考) 対応機種の個別の情報は各メーカーにお問い合わせください。

ABCで作成したWordテスト文書の配布/回収

・ LinxBoard リンクスボード <参考>LinxBoard http://zettalinx.co.jp/products/lb/

※Answer Box Creatorは、大日本印刷株式会社とゼッタリンクス株式会社の共同開発製品です。

  キーワード: AnswerBoxCreator デジタルテスト 学校 ICT 東京ベーシックドリル

お問い合わせ

大日本印刷株式会社 ABセンター 教育ICT本部
Tel:03-6735-6195