PETボトル飲料市場の環境負荷の軽減に貢献します

PETボトル無菌充填システム

DNPでは、コーヒーミルクポーションの無菌充填システム開発以来、35年以上にわたり、“食”の風味を保つ無菌包装充填技術の国内市場をリードしてまいりました。 DNPが開発したPETボトルの無菌充填システム(APPシステム)は、品質、稼働率、エネルギー等の観点から評価を受け、国内PETボトル飲料の約1/3の生産を担うまでに成長しました。また近年伸長する中国・東南アジア圏を中心とした展開も増えています。

◆国内外から高い評価を受けているPETボトル無菌充填システム

      DNPのPETボトル無菌充填システムは、飲料メーカーから品質、生産性、エネルギー等の観点から高い評価を受け、国内PETボトル飲料の約1/3の生産を担うまでに成長しました。近年、中国・東南アジア圏を中心とした海外市場へも広く展開しています。※2014年度当社調べ

◆業界に先駆けたプリフォーム供給インライン無菌充填方式

      ●DNPの無菌充填技術の歴史
        1978年 コーヒー用ポーションミルクの無菌充填システムを上市  
        1994年 無菌ボトル供給方式のPETボトル無菌充填機を上市
        1997年 プリフォーム供給インライン方式の無菌充填機を上市
        2000年 ボトルのネック搬送方式の高速無菌充填システムを上市
        2010年 シンクロシステムのPETボトル無菌充填機を上市
        img4.png
      ●DNPのPETボトル無菌充填システムの実績(2014年現在)
        国内:46ライン  海外:41ライン(米国、中国、韓国、ベトナム、タイ) 

◆「生きた無菌ソフト」に基づいたシンクロシステム

    包材リーディングカンパニーの技術と35年以上培ってきた「生きた無菌ソフト」に基づいて、シンクロシステムを開発しました。

     

      ●大幅な省スペース化を実現
        ブロー成形機から無菌充填機までの搬送コンベアを無くし、システム全体の大幅な省スペース化を実現しています。
      軽量ボトルの生産安定性を向上
        在主流の薄肉、軽量ボトルにおいても安定した生産が可能にしています。
      ●より効率的になった過酸化水素凝結ミスト滅菌方式
        成形時の余熱をボトル滅菌に利用し滅菌効果をアップしています。
      水の使用量を約9割削減
        PETボトル飲料の生産に不可欠なユーティリティー(電力、蒸気、薬剤)を大幅に削減、特に水使用量89%削減し、環境負荷軽減に大きく貢献しています。

img8.pngimg7.png

 

PJP