開口部に段差をつけることで、つかみ部を設け、袋の口元を開封しやすくしました。

DNP段差レーザーカットパウチ

DNPは、レーザーカット加工技術を応用し、製袋品のノッチからガイドに沿ってきれいに開封することができ、開口部に段差をつけることで、つかみ部を設け、袋の口元を開封しやすくする「DNP段差レーザーカットパウチ」を開発いたしました。現在、サプリメント等のパッケージとして、ご採用いただいております。

CO2レーザーにより引き裂きガイドを形成

 CO2レーザーによりフィルム最外層にガイドを形成させることで、
表面は楕円状、裏面は直線状に引き裂かれるようになります。
このため表裏のフィルムに段差がうまれるため、
指先でつまみやすくなります。lazercut.bmp

 

PJP