地域通貨、地域共通ポイントで地域活性化を支援します

DNP 地域通貨ポイント向け流通プラットフォーム

特定地域内で流通する地域通貨・地域ポイントのサービス導入を容易にする、シンクライアント型スマートフォン決済端末を特長とするプラットフォームです。DNPは、地域内で共通ポイントが流通する仕組み・サービスを、地域情報ポータルサイト「まいぷれ」を運営する株式会社フューチャーリンクネットワーク(FLN)と連携して提供し、地域内における産業・商店街の活性化に貢献します。

【背景】

 近年、地方創生や地域活性化に向け、全国の自治体や企業が、地元商店街で使える地域通貨や地域共通ポイントなどの普及拡大や利便性の向上に取り組んでいます。また、ICカードを活用したプレミアム商品券の電子化、ボランティアや健康・エコ関連の活動に応じて付与される官民連携ポイントなど、地域ICカードの活用が拡がっています。

DNPが考える地域活性化について

 DNPは、特定の地域内で流通する地域通貨、地域共通ポイントを展開することで地域内における産業や商店街、コミュニティ活性化を目指します。さらに、地域情報ポータルと連動することで地域と生活者を繋ぎ、コミュニティ内のコミュニケーションやボランティアなどの市民活動を支援します。

情報の循環/経済の循環 

【特長】

(1) シンクライアント型スマートフォン決済端末

  1. スマートフォン端末による直観的で使いやすいユーザーインターフェースを提供します。
  2. 通信可能な環境であれば屋内外を問わず利用できます。
  3. 端末管理やサービス設定をセンターサーバ側に一元化することで、サービスの追加や改善がしやすく、サービス内容の更新で発生する設定作業の負荷を大幅に軽減できます。
  4. 一元化によって地域のポイント発行事業者がサービスを開始するまでの業務負荷を軽減し立ち上げ期間を短縮します。
  5. 一元化によって地域全体や商店街単位でイベントにポイント活用キャンペーンなどを組み合わせて実施しやすくなります。
  6. スマートフォン端末の利用店舗が、好きなタイミングで付与するポイントの付与率を設定できます。

(2) FeliCaポケット搭載カード

  1. 地域内のポイントやプリペイド(商品券)など複数のサービスを1枚のカードで管理が可能です。
  2. 複数のサービスを1枚のカードで利用できるため、サービスごとにカードを発行するコストが削減できます。
  3. カード発行後も新たにサービスの追加や削除ができます。
  4. サービスごとに異なる鍵管理によって高いセキュリティを確保しています。 

(3) 地域情報ポータルサイト「まいぷれ」との連携

  1. 「まいぷれ」の画面上でポイント残高や履歴をいつでも確認できます。
  2. 「まいぷれ」内にて「他社のポイント」を「地域限定のポイント」に交換できます。(交換元との協議が必要です)
  3. 生活者が貯めた地域限定のポイントを、地域の団体や個人へポイントの進呈・寄付ができます。
  4. 地域限定のポイントが使えるお店や行政サービスを簡単に知ることができるので、ポイントの利用促進、店舗への送客向上が見込めます。
  5. 「まいぷれ」と連携するO2Oアプリ(別サービス)も活用することで、店舗と生活者がスマートフォンで直接お得情報をやりとりでき、誘客につながります。

 

 DNP 地域通貨ポイント向け流通プラットフォーム

 

※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触型ICカードの技術方式です。
※FeliCa、FeliCaポケットは、ソニー株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。