モバイルアプリの自動監査サービス

アプリ自動監査サービス

開発中のアプリの納品時の検品、受入時の検品に最適なソリューションです。

お問い合わせ




2017年6月7日〜9日に幕張メッセで開催された「Interop Tokyo 2017」において、「アプリ総合セキュリティサービス」が、Best of Show Awardの審査員特別賞を受賞しました。

紹介ページ: http://www.dnp.co.jp/topic/10135954_2517.html


背景

1.納品時のテスト負荷軽減の動き

モバイル端末で稼働するアプリの開発が盛んになるにつれ、開発の負荷を軽減 することが求められます。

また、自ら監査を実施するとなると、 さらに時間がかかります。


2.アプリケーションを取り巻く脅威

■アプリ提供企業にとっての脅威

 ・ 正規アプリケーションに不正通信処理が潜んでいたことによる風評被害

 ・ 不正発覚後の緊急メンテナンス対応によるサービス停止


■アプリ利用者にとっての脅威

 ・ 電話帳情報や動画・写真情報、クレジット情報などの個人情報の流出

 ・ GPS情報や行動履歴などのプライバシー情報の漏えい


3.最適なアプリケーション

■重要情報を扱うアプリケーション

 ・ バンキングアプリ

 ・ インターネットショッピング系アプリ

 ・ 個人情報を入力する各種申込アプリ


■ゲームアプリ

 ・ スマートフォン用オンラインゲームアプリ


■IoT組込系アプリ

 ・ 自動車系アプリ

 ・ 産業機械系アプリ

 ・ 検査機器用アプリ

 ・ 業務用アプリ

特徴


  1. 本サービスは、フランスのプラデオ社が統合プラットフォームとして開発し、世界41ヵ国で利用されています。


  2. モバイルアプリの実行ファイルをアップロードするだけで、自動的に短時間で監査が完了します。


  3. 自社アプリに他社モジュールを組み込んだアプリのセキュリティチェックに最適です。


  4. セキュリティ、プライバシー、個人・企業データの保護の観点で、アプリの挙動をチェックできます。


  5. 監査項目を利用者が簡単に設定することができます。




機能詳細

■多面的な監査レポート

脅威に関する分析結果のサマリーレポート

1. セキュリティ面について

2. プライバシー面について[データ保護を含む]

3. 金銭的損失面について


ふるまいに関する詳細分析結果のレポート

1. アプリの仕様全般について

2. 通信について

3. データの取扱について


■選べる2つのモード

・ SaaSモード(「https://apps-security.com/」経由)

クラウド上のメンバーゾーンにログインして利用できます。

・ オンプレミスモード(リリース準備中)

カスタマーが自社のコンピュータにサービスをインストールして利用できます。


■使い易いUI設計、簡単で分かりやすいレポート

・ 過去に監査された全てのアプリの監査レポートにいつでもアクセスできます。

・ 各OSプラットフォームの実行ファイル(ipa、 apk、…)をアップロードするだけでアプリを自動的に短時間で監査できます。

・ 監査レポートはオンラインで閲覧、またはPDFでダウンロードできます。


お問い合わせ



※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※IOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※その他記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
※製品の仕様は予告なしに変更することがあります。
※記載内容は、2017年9月現在のものです。