黄色ブドウ球菌数測定用培地

フィルム培地 Medi・Ca SA

発色酵素基質により、黄色ブドウ球菌のコロニーを明瞭な青色に発色させ、検出するフィルム培地です。

特長

 

1. 24時間で明瞭なコロニーの発色

卵黄反応などを確認する必要がないため、従来の寒天培地に比べ、コロニーの判別、カウントが容易です。

また、培養時間が半分の24時間であり、検査の迅速化が可能です。

さらに、一般的な塗抹法と比較して滴下量が10倍であるため、感度良く検出できます。

Medi・Ca SA ATCC25923


2. 高い選択性能

従来の寒天培地で卵黄反応が陰性判定の黄色ブドウ球菌も検出することが可能です。

また、黄色ブドウ球菌以外の多くの菌が発育せず、発育した場合もコロニーの色がピンク〜赤紫色のため、色調で容易に判別が可能です。

Medi・Ca SA S. aures ATCC13565


3. 寒天培地と高い相関性

多種多様な食品で、寒天培地との高い相関性を確認しています。

Medi・Ca SA 相関性




製品仕様

 

製品名

Medi・CaTM SA

対象微生物

黄色ブドウ球菌

培養時間

24±1 時間

培養温度

35±1 ℃

入数

500枚(25枚×4袋×5個箱)

未開封の保管

冷蔵(2-8℃)

開封後の保管

開封後は袋の端を2回以上折り返してテープで止め、冷蔵保管(2-8℃)の上、3ヶ月以内に使用してください。

使用期限

製造から12ヶ月

認定/規定

AOAC RI PTM認証取得中 




参考資料