DNP

Iost(Internet of Secure Things)

生活者の暮らしや企業の生産性の向上に大きな期待を集めているIoTには、第三者によるさまざまな脅威を防ぐセキュリティは欠かせません。DNPはICカードビジネスで培ったノウハウをIoTに展開。機密情報を格納したセキュアICチップを機器に搭載、「正しいデバイス」と「正しいサービス」が相互に認証し、インターネットにつながる機器自体を不正な攻撃から守ります。
DNPはIoTにセキュアを加えることで、「正しい情報」がやり取りされ、IoTの本当の利便性を享受できる社会を支えます。
 

Iost(Internet of Secure Things) Iost(Internet of Secure Things)
Iost(Internet of Secure Things) DNP Multi-Peer VPN アプリ堅牢化ソリューション CrackProof 標的型攻撃対策 Traps サイバーセキュリティ対策人材養成

DNPのセキュアソリューション

IoST鍵管理・デバイス管理システム(仮称)

セキュアエレメント等のセキュア領域に対する暗号鍵・電子証明書等の重要データ配信・管理、IoTデバイスの認証やファームウェア更新などを遠隔でセキュアに行うサービス


P2P同時複数接続VPN DNP Multi-Peer VPN詳細はこちら

複数のモバイル機器同士の同時接続を低価格で実現するソフトウェアVPN


セキュアブート機能搭載 組込み用パッケージ ニュースリリース

IoTデバイスにセキュアブート機能を追加し、デバイスを不正改ざんやデッドコピー作成から保護


アプリ堅牢化ソリューション CrackProof(クラックプルーフ)詳細はこちら

アプリをクラウドにアップするだけで瞬時に堅牢化処理できるクラッキング対策ツール


標的型攻撃対策 Traps(トラップス)詳細はこちら

高度なサイバー攻撃や標的型攻撃、マルウェアを阻止


SAM(Secure Application Module)

セキュアエレメントにより、暗号鍵・電子証明書等の重要データを安全に格納し、サービスとEnd to Endの認証を実現


サイバーセキュリティ対策人材養成詳細はこちら

日々進化するサイバー攻撃への対応を実践演習で学習するトレーニングサービス

お問い合わせ

お問い合わせ
pagetop

外部リンク

お問い合わせ

 


※「IoST」ならびに「Internet of Secure Things」は、大日本印刷株式会社と齋藤ウィリアム浩幸氏と共同で商標登録出願中です。
※ Traps は、Palo Alto Networks 社の製品です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

pagetop