カテゴリ|情報セキュリティ

2017/11/08

IoSTプラットフォームを活用したセキュアな機器の遠隔保守監視の実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

POINT この記事のポイント

  • セキュアな機器の遠隔監視を実現
  • 金融機関などでは高いセキュリティ基準のサービスが必要
  • キーデバイスのICチップを活用したIoSTプラットフォームを提案

IoTによる遠隔監視サービスの普及が進む

さまざまな分野で普及が進むIoTですが、その具体的な活用例の1つとして挙げられるのが「遠隔保守監視サービス」です。

一般的なオフィス環境では、プリンターやスキャナなどの複合機メーカーが、取引先のオフィスに設置したOA機器の状態や利用状況をIoTによる遠隔監視で把握し、故障や消耗品の供給などに迅速に対応する保守サービスが定着してきています。

一方、金融機関等のセキュアな環境では、個人情報や取引情報など重要な情報の管理や保全を最優先にする関係上、外部のネットワークとの接続を最小限に抑えており、そのため社内の機器に対する遠隔保守サービスの導入が難しい状況になっています。これまで、保守担当者は、問題が生じた場合、ログの回収、原因の解析、部品の取り付け、挙動の確認など、数回にわたる取引先への訪問を余儀なくされてきました。そこでこれらの課題を解決する手段としてセキュアな環境下で活用できるIoTサービスが求められています。

IoSTプラットフォームによって高い安全性を実現

そこで登場したのが、IoTに“セキュリティ”の概念を追加したDNPの「IoSTプラットフォーム」です。このプラットフォームによって、クレジットカードやキャッシュカードなどのICカードに組み込まれているセキュアチップを使用することで、デバイス自体を守りことができます。また、機器間で送受信するデータの改ざんや盗聴を防ぐだけではなく、機器から収集した情報を一元管理するクラウドや通信機器などをワンストップで提供し、IoTがもたらすさまざまなメリットをあらゆる業界で享受できる仕組みを構築しています。

このIoSTプラットフォームをいち早く導入したのが、金融機関向け機器メーカーの国内最大手であるローレルバンクマシン株式会社です。データの暗号化、認証、機密情報保護等のセキュリティ機能を備えたセキュアチップを現金処理機に実装することで、遠隔制御によるパフォーマンスを最適化、不具合を察知して事前メンテナンスを行う品質維持、消耗品等の残量可視化などの機能を備えた遠隔監視サービスを実現しました。

今後、ローレルバンクマシン株式会社では、収集したデータをもとに、マーケティング情報として自社の製品開発に役立てたり、顧客企業の業務に最適化する運用コンサルティングも視野に入れるなど、さまざまなIoT活用の構想を持っています。

高いセキュリティレベルが求められる金融機関に評価され、実運用が始まっているIoSTプラットフォーム。自動車メーカーなど人命に関わる製品のメーカー、電気・水道・ネットワークなど重要インフラに関わる製品・設備のメーカーなど、多彩な業種での活用が見込まれています。

「遠隔保守監視サービス」のお問い合わせはこちら