国立工芸館様

国立工芸館の所蔵作品を3Dデジタルアーカイブ化

2020年10月に石川県金沢市に移転開館した国立工芸館が所蔵する工芸作品の一部について、3次元(3D)デジタルアーカイブ化し、同館が設置する高精細な8K対応のタッチディスプレイで公開しました。第一弾として、高精細デジタル化技術により、工芸作品「川喜田半泥子 《志野茶碗 赤不動》」を写真計測し、3Dデジタルデータを作成しました。

関連する18分野を見る

展示作品

川喜田半泥子 《志野茶碗 赤不動》 (1949年)

特長

特長①:独自技術による効率的な業務進行

これまでの経験から開発されたDNP独自の撮影機材を用いて、撮影作業を半自動化することにより、撮影作業の効率化を実現しました。

特長②色再現(カラーマネジメント)を実施

印刷技術で培ったCMS (Color Matching System)を適用し、材質や質感表現など高い色再現性を実現しています。

参考情報:現地3D代替鑑賞システム

●3D化された作品を8K70インチで鑑賞できるシステム
●ホーム画面で作品を選択後、作品を拡大縮小回転し鑑賞。
●作品解説や見どころ解説(3箇所まで)、実寸大機能を搭載。
●多言語対応(日・英・繁体・簡体・韓)

関連ページ

この事例で導入した製品・サービス

デジタルアーカイブソリューション_3Dデータアーカイブ

美術館・博物館の作品や文化財、図書館の貴重資料などを保存、継承するためにデジタルアーカイブ化する際、立体的な形状をもつ対象物では、2Dの情報を記録する以外に3Dの形状を含めた記録も重要です。
DNPでは長年のデジタルアーカイブへの取組みで培った高精細デジタル撮影ノウハウやカラーマネジメント技術等を活用して、再現性の高い3Dデータの作成とアーカイブ化のサービスを提供しています。

その他の事例

関連する18分野を見る