文化庁様

マンガ・アニメをはじめとするメディア芸術作品のアーカイブ化支援、産・学・館(官)の連携、所蔵情報等の整備を実施

大日本印刷(DNP)が参画するメディア芸術コンソーシアムJV事務局 *1 は、文化庁の「令和3年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」を実施しています。本事業では、産・学・館(官)の連携・協力により、メディア芸術 *2 の分野・領域を横断して一体的に課題解決に取り組むとともに、所蔵情報等の整備及び各研究機関等におけるメディア芸術作品のアーカイブ化の支援をしています。 さらに今後、アーカイブ化した作品・資料等を活用した展示の実施に係る手法等を開発・検討することにより、貴重な作品・資料等の鑑賞機会の創出、インバウンドの増加を図るとともに、アーカイブ及びキュレーションの実践の場として提供することで、今後のメディア芸術の作品等の収集・保存・活用を担う専門人材の育成を図っていくことを目指しています。

DNPデジタルアーカイブ_文化庁

関連する18分野を見る

DNPデジタルアーカイブ_事例_文化庁

  • *1メディア芸術コンソーシアムJV事務局 : DNPと、マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート産学官民コンソーシアム、一般社団法人マンガ・アニメ展示促進機構の3者が共同運営しています。

  • *2メディア芸術 : デジタル技術を用いて作られたアート(インタラクティブアート・インスタレーション・映像等)、アニメーション・特撮、マンガ、ゲームを対象としています。

本事業における事務局活動の主な内容

「令和3年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」における主な事務局活動は以下のとおりです。

1.関係機関・関係者間の連携に資する調査研究

DNPデジタルアーカイブ_事例_文化庁
前年度報告会の様子

所蔵館連携によるマンガ雑誌・単行本の協同保管・活用など、史資料の収集・保存・活用、分野横断プロジェクト、それらに係る人材育成等を目的とした分野別強化事業と、関係機関・関係者間の連携に資する調査研究、情報収集を行っています。令和3年10月には中間報告会、令和4年2月には最終報告会を開催し、関係企業・団体に当事業の成果を公開する予定です。

2.メディア芸術データベースに関する開発・調査研究

DNPデジタルアーカイブ_事例_文化庁

メディア芸術作品の保存・活用に必要な基盤の整備を目的として、「メディア芸術データベース(以下、メディア芸術DB)」のサービスについて設計・開発・実装を行い、外部にデータを提供するための手法について調査研究を行っています。

3.補助事業に関する事務局運営

文化庁の補助事業である「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」の事務局運営業務、本事業で整備されたメタデータのメディア芸術DBへの登録に関する調査研究を行っています。

今後の展開

各企業及び団体とのさらなる連携・協力関係の構築を図り、メディア芸術作品のアーカイブ化の促進を支援していきます。
各事業の開催イベント情報等は、「メディア芸術カレントコンテンツ」のWebサイトで提供します。

その他の事例

関連する18分野を見る