東京都中野区様

マイナンバーカード取得促進イベントの効率的な運営にあたり、マイナ・アシスト™等オンライン方式による申請補助ツールが有効であるかの実証実験を実施

官庁系ICカード身分証の機器や材料の販売と、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認システムの提供を中心とする株式会社DNPアイディーシステムは、自治体でのマイナンバーカードのオンライン申請をサポートするソリューションを展開しています。

今回、出張先での「マイナンバーカード取得促進イベント」を、職員が少人数の場合でも効率的に行うことができるかについての検証のため、東京都中野区様(以下、中野区様)にてDNPマイナンバーカード申請補助端末「マイナ・アシスト」が試験導入されました。

概要

中野区様は、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付促進にむけて区報など、役所が発行する区民向け媒体を用いて住民の方へアナウンスし、庁舎窓口での申請受付をするなどの活動により、今まで、人口331,658人に対して、交付枚数が63,634枚(人口に対する普及率が19.2%)※1と、全国的にもマイナンバーカードの普及が進んでいます。

東京都中野区様の本庁舎でDNPアイディーシステム製のマイナ・アシストの実証実験を実施

中野区様本庁舎

東京都中野区様の本庁舎でDNPアイディーシステム製のマイナ・アシストの実証実験を実施

令和元年は、政府が「マイナンバーカードの普及とマイナンバー利活用の促進に関する方針」の中で、「令和4年度中にほとんどの住民がマイナンバーカードを保有することを想定」※2と発表されるなど、今後、マイナンバーカードの普及促進の施策検討が求められます。

中野区区民部戸籍住民課 マイナンバーカード交付係 秦様とDNPアイディーシステムの加藤優一氏
(左)中野区区民部戸籍住民課 マイナンバーカード交付係 秦様

今回の実証実験は、中野区様内でのマイナンバーカードの普及率アップのために、DNPアイディーシステムの「DNPマイナンバーカードオンライン申請補助端末 マイナ・アシスト™」など、オンライン方式によるマイナンバーカード申請補助ツールを用いて、職員少人数で効率的に申請受付支援できるかについて検証を行うことを目的として実施しました。
実証実験の結果、オンライン方式による申請補助ツールが有効であることが確認できました。

実証実験場所・時期

東京都中野区役所本庁 2019年9月
DNPマイナンバーカードオンライン申請補助端末「マイナ・アシスト™」1セット
実証実験期間 1日間 (2019年9月10日 シルバーパス更新の初日)

マイナンバーカードオンライン申請補助端末「マイナ・アシスト」により申請者の顔画像撮影する様子

マイナンバーカードオンライン申請補助端末により申請者の顔画像撮影する様子

マイナンバーカードの取得促進に関するのぼり

マイナ・アシスト™利用時に工夫したところ

  • インターネット回線
    モバイルWi-Fiルーターを使用

中野区様が抱えている課題

中野区様では、マイナンバーカード普及率アップのために「申請補助の拡充」を企画していますが、申請サポートする職員数に限りがあることが課題となっています。

そのため、「少ない人数で、効率的な申請サポートを行うこと」が、ポイントになってきます。

実証実験で得られた効果とは

オンライン方式によるマイナンバーカード申請補助ツールを使用することで、QRコードを読み取り、申請希望者の顔画像撮影し、必要事項の選択をするだけで申請が完了するため、申請完了までにかかる時間が3分程度と、従来の方式に比べて、時間短縮できることを確認できました。

さらに、紙の申請書で必要であった、申請用顔画像作成に必要な機材や作業が不要になるメリットもありました。

また、オンライン方式によるマイナンバーカード申請補助ツールを利用すれば、非常に簡単に申請補助ができるだけでなく、お客様をお待たせすることなく申請まで行えるため、「別件で区役所にいらしたついでに申請をしていただくこと」も可能になってくるのではないかと感じています。


※今回の実証実験では、現在での効率を優先し、申請サポート方式による申請受付支援を実施

アンケートからわかったこと

中野区様が実施したアンケート

中野区様は、今回、マイナンバーカードを申請していただいた方向けにアンケートを実施しました。
中野区の住民の皆様は、マイナンバーカードの主な利用目的が、身分証としての利用や、コンビニ交付書類の取得ということで、マイナンバーカードを積極的に活用することを念頭に置いていることがわかりました。

よかったところや今後について

今回の実証実験では、“マイナンバーカードは欲しいけれど、顔写真を用意するなど手間がかかるため躊躇されているお客様”が多い印象を受けました。だからこそ、申請補助の大切さを改めて感じています。

今後は、お客様をお待たせさせることなく、簡単に申請していただくことができる「DNPマイナンバーカードオンライン申請補助端末 マイナ・アシスト™」のような申請補助ツールを使い、マイナンバーカードの交付拡大に結び付けていければと考えています。

中野区区民部戸籍住民課 マイナンバーカード交付係 秦様

中野区区民部戸籍住民課 マイナンバーカード交付係 秦様

中野区様では、10月にも、区の出先機関である地域事務所で同様の申請補助ツールを使用して申請サポートを実施し、お客様から好評をいただきました。

また、11月の税を知る週間では、区税務課等と協同して、税に関する普及啓発とマイナンバーカードの取得促進の展示イベントを実施する予定です。その際、「DNPマイナンバーカードオンライン申請補助端末 マイナ・アシスト™」を用いた実証実験第三弾を企画しています。

11月の実証実験でも、有効性を確認できれば、今後、地域への出張サポート申請でオンライン方式によるマイナンバーカード申請補助ツールの活用が期待できます。

製品の企画・販売元
株式会社DNPアイディーシステム

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です
内容について、予告なく変更することがあります
本製品に関するお問合わせは、「お問合わせ」ボタンをクリックし、必要フォームを入力の上ご連絡ください
※本製品・キャンペーンについて、電話でのお問合せをご希望する場合には、フリーダイヤル0120-033-343までご連絡ください

DNPアイディーシステム製品に関連する導入事例

「この事例で導入した製品・サービス」

その他の事例