サムポローニア9CLOUDの「2.権利登記システム」を解説

サムポローニア9CLOUDは、司法書士事務所内のネットワークやPCといった事務所のITシステム運用・セキュリティ対策に時間を費やすことなく、司法書士業務に専念できるクラウド型の司法書士向け業務システムです。

本ページでは、権利登記の業務において、一度の入力で申請情報や添付書類を一括で作成でき、書式をご自身でカスタマイズもでき、管轄登記所の自動判定や登録免許税の自動計算が可能なため、人為的なミスを回避することができるサムポローニア9CLOUDの「権利登記システム」について解説しています。

※サムポローニア9CLOUDは、日立ソリューションズ・クリエイト社の製品です。DNPアイディーシステムは、サムポローニア9CLOUDを取り扱う販売店です。(2022年2月時点の情報)

MENU

サムポローニア9CLOUDの「権利登記システム」とは

権利登記システムとしての活用はもちろんのこと、相続財産管理システムや遺産承継システムと連動し、幅広い業務の効率化に繋がります

権利登記の業務において、一度の入力で申請情報や添付書類を一括で作成でき、書式をご自身でカスタマイズできます。
また、管轄登記所の自動判定や登録免許税の自動計算が可能なため、人為的なミスを回避できます。

権利登記システムのフロー

サムポローニア9CLOUDの「権利登記システム」

管轄登記所の自動判定

不動産の所在から管轄登記所を自動判定します。そのため管轄違いなどのミスを軽減します。

""

管轄登記所の自動判定

登録免許税の自動計算

登記名義人氏名変更などの簡単な登録免許税の計算から信託登記や仮登記の本登記など、複雑な登録免許税の計算まで、自動でできます。

""

登録免許税の自動計算

登記情報管理システム連動で入力レスに

登記情報提供サービスから、当事者、所在、地番などの登記情報を取得し、システム内にデータを保存できます。
取り込んだ登記情報をもとに登記申請書や添付書類などを作成できます。
システム間のデータを連動することにより、作業の軽減と時間短縮を実現するとともに、手入力によるミスを軽減します。

""

登記情報管理システム連動

二次元バーコードから登記識別情報などの情報読み取り

登記識別情報通知書に記載された二次元バーコードから登記識別情報などの情報を読み取ることができるため、登記識別情報の入力ミスがなくなり、登記識別情報提供様式作成の作業が軽減されます。
※二次元バーコード読み取りの際には別途機器が必要となります。

""

二次元バーコードから登記識別情報などの情報読み取り

サムポローニア9CLOUDの二次元バーコードから登記識別情報などの情報読み取り

サムポローニア9CLOUDは登記・供託オンライン申請システムと直接オンラインでつながり、申請データ作成から電子署名付与、申請データ送信、処理状況確認、登記完了証のダウンロードまで、一連の作業がシステム内で完結します。

連件の設定

電子署名前でも連件の設定ができます。
異なる管轄登記所で連件設定した場合は、警告を出すので管轄間違いなどが軽減されます。

電子署名一括付与

オンラインセンターで複数の申請データを選択して、一度の操作でまとめて署名可能です。
これにより署名付与にかかる時間も短縮されます。
※ICカードを利用した電子署名を行う場合には別途ICカードリーダライタが必要となります。

サムポローニア9CLOUDの体験プラン

司法書士のテレワークを応援!
司法書士向け業務システムのクラウド型サービス「サムポローニア9CLOUD」を無償体験!

2022年2月からサムポローニア9CLOUDの体験プランをスタートしました。
(2022年2月時点の情報)

その他のサムポローニア9CLOUD機能

本製品の販売店

※サムポローニア9CLOUDの開発元は、 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。内容について、予告なく変更することがあります。
本製品に関するお問合わせは、「サムポローニアのお問合わせ」ボタンをクリックし、必要フォームを入力の上ご連絡ください。

「このコラムで紹介した製品・サービス」

関連製品サービス

その他のコラム